城東エースが投げて打っての大活躍で引っ張る

エース・関根智輝君(都立城東)

 昨秋の東京都大会では都立校勢としては唯一、ベスト8に進出した都立城東。エース関根 智輝君が安定しているということで前評判も高い。今大会もシード校としての登場だが、初戦は都立富士森に快勝している。対する立教池袋は、初戦では都立北豊島工に6回コールド勝ち、2回戦でも都立南平を8回コールドで下している。お互いに勢いに乗っているだけに、好試合が期待された。

 その勢いを示したのは都立城東のエースで4番の関根君だった。ブラスバンドとチアガールも陣取った都立城東応援席。例によって、初回の攻撃時には『笑点』のテーマで送り出していった。

 その都立城東の初回、2番清水晴海君が中前打で出るが、足を使って攻めようとしたものの刺される。しかし、長濱君が四球で、続くエースで4番に入っている関根君が左翼席へ運ぶ2ランで先制。これで、立教池袋の勢いを止めて、逆に都立城東が勢いづけられた。
関根君は投げても、初回の二死目から5人連続三振を奪った。そして3回、二死一塁で迎えた2打席目。今度は左中間に放り込む2打席連続の2ランでリードを広げた。こうなったら、試合は都立城東のペースで進んでいくことになる。

 立教池袋は3回に朝倉君の二塁打で1点を返したものの、関根君もその後の二三塁を抑えて、追撃を許さなかった。そして5回、都立城東は二死走者なしから関根君が左越二塁打すると、高野君も左翼線を破るなどして続くと、2四球もあって、9番片倉君の右中間二塁打などでこの回5点のビッグイニングとした。6回にも一死満塁から高野君の中犠飛で1点を追加した都立城東は、7回には2番手として石田君を送り込んだが、直撃弾を浴びるなどして1点を失い降板。再び関根君がマウンドに戻って最後を抑えた。