岩倉、初回の猛攻で秋4強の東海大高輪台にコールド勝ち

5回本塁打を放った岩倉・伊勢

 秋は強力打線でベスト4に進出した東海大高輪台は、春は3回戦から出場。

 対するセンバツ優勝経験もある伝統校の岩倉は、1回戦からの登場で、背番号10ながら主戦の市川 幸輝は中1日で3試合続けて登板している。岩倉の試合慣れと、市川の疲労のどちらがより多く作用するかは、試合のポイントとなると思われたが、1回表から岩倉打線が爆発。公式戦を経験してきた岩倉の勢いにが、試合の流れを決めた。

 東海大高輪台は、背番号1の日高 拓海が先発。立ち上がり、球はそこそこ走っているように思われたが、岩倉の1番・伊勢 海星は、7球目を左中間に運び三塁打。続く2番・安田 拓矢、3番・小岩 和樹と連続二塁打。4番・涌井 和人は三振だったものの、5番・今野 宏洋も左右間を破る二塁打を放ち、1回表で3点が入った。

 東海大高輪台の宮嶌 孝一監督は、「(日高の)球自体は悪くなかったと思いますが、コントロールとか、緩急をつけた投球ができなかった」と語る。

 2回表も岩倉は、二塁打の9番・弓指 匠を安田が中前安打で還し1点を追加。3回裏東海大高輪台は2番・森田 直人がライトフェンスを越える3ラン本塁を放ち、反撃するかに思われた。しかし秋は打ちまくった打線が、岩倉の身長165センチの右腕・市川の丁寧な投球に、それ以上の追加点は奪えない。