昨夏の東東京決勝カード、関東一中盤突き放す

関東一の先発・河合 海斗

 センバツで東邦に敗れて2週間、春季都大会は3回戦から出場する関東一の初戦の相手は、昨夏の東東京大会の決勝戦で対戦した日大豊山だ。関東一の先発は、安定感抜群のエースの河合 海斗。ところが河合は、1回表に2つの四球を出すなど、どうも安定しない。それでも、1回表の一死一、二塁のピンチは、併殺で切り抜けた。

 日大豊山の先発は左腕の山本 日向。山本は左腕独特のクロスに入る速球や変化球で、初回は三者凡退で切り抜けたが、先取点を挙げたのは関東一だった。2回裏左前安打の4番・佐藤 佑亮を5番・米田 克也が送り、6番・竹井 丈人は右前安打。やや浅かったが足も速い佐藤佑が一気に生還し、1点が入った。

 しかし3回表日大豊山は、相手の失策や2番・木村 太賀の右前安打などで一死一、三塁とし、3番・奥村 優太の遊ゴロは併殺打にならず、すぐさま同点に追いついた。
それでも関東一は3回裏、この試合は1番打者である山川 新太が内野安打で出塁すると、2番・村瀬 佑斗が送り、3番・山室 勇輝の中前安打で還るという、スキのない攻撃で突き放す。

 ところが、関東一の河合も今一つピリッとしない。4回表日大豊山は、この回先頭の5番・和田 真汰が死球で出塁すると、7番でエースの山本の中前安打で一死一、三塁とし、8番・渡邉 祐真の右犠飛でまたしても、同点に追いつく。

 河合について、関東一の米澤 貴光監督は、「(センバツから)帰ってから練習試合などが重なり、調子は良くありませんでした。それでも、悪いなりによく投げてくれました」と語るように、最少失点に抑え、勝ち越しを許さなかったことで、中盤以降、関東一の打線が爆発する。

 口火を切ったのは、ベスト4に入った昨夏の甲子園では、代打で試合に出ている4番の佐藤佑だった。左前安打の山室を一塁に置き、4球目を叩くと打球はレフトフェンスをギリギリで超える2ラン本塁打になった。さらに死球の米田を一塁に置き、打席には、試合の途中、打球を追って負傷した宮本 瑛己に代わり右翼に入っている、森川 瑶平が打席に入る。森川は秋までは内野手であったが、外野も守るようになっている。