日大三、主力選手の活躍が光りシード権確保 都立文京も健闘

エースの小谷野楽夕(日大三)

 シード入りがかかった3回戦。日大三は苦しみながら都立の中でも実力校として注目される都立文京を破ってシード権を確定させた。

 強打の日大三は立ち上がりから走者を出塁させるのだが、なかなか安打が出ない。都立文京の先発・浅川 裕介(3年)は右サイドから120キロ後半の速球、スライダー、カーブを駆使して投げ込む投手。浅川に打ちあぐんでいたところがあったが、6回表、一死二塁から1番で主将の宮木 紳道(3年)が中前適時打を放ち、1点を先制する。さらに一死一、二塁から3番坂倉 将吾(3年)の適時二塁打。さらに二死満塁となって、6番櫻井 周斗(2年)の2点適時打で4対0と点差を広げ、さらに7回表にも犠飛を放ち、5対0と差を広げる。

 今年も日大三は能力が高い選手が揃っている。1番宮木は、スクエアスタンスで構える姿には実に雰囲気があり、広角に打ち返すバットコントロールが備わった左の好打者。3番坂倉は勝負強く、癖が少ない打撃フォームをしていて、非常に安定感のある打撃を見せる。また今年は捕手を務める坂倉。外野手時代は、強肩が光った選手だったが、捕手としても、2.00秒台のスローイングを見せる。

 4番山本 幸次郎(3年)はどっしりとした構えから、レベルスイングで鋭い打球を連発する。タイプとして右の中距離打者だが、ツボに入ればスタンドインさせるだけのパワーは備わっている。

 投手陣では田口 仁平(2年)は左腕から常時120キロ後半~130キロ中盤の速球を投げ、スライダーを低めに織り交ぜる投手。低めに決まった時のストレートが絶品だ。田口は細身ではなく、下半身が結構どっしりとしていて、お尻も大きい。こういう投手は上手く体作りができれば、スピードが伸びやすいため、どうなるか楽しみなところがある。彼の担任である三木コーチに伺うと、「性格はとても明るい子で、芯がしっかりした子ですよ」と評価していた。