したたか。青山学院が守備陣にプレッシャーをかけ成城をコールドで破る

先発・伊藤開生(成城)

 青山学院vs成城。この一戦は1点を争う好勝負となると予想された。それは成城のエース・伊藤 開生が好投手であることが一つの理由である。伊藤は182センチの長身から130キロ中盤を投げ込む本格派。青山学院の安藤寧則監督は、伊藤を見てなかなか点は取れないと感じていた。

 だが1回表、青山学院は無死二塁から2番中島の適時二塁打で1点を先制。甘い球だったと振り返るが、ストレートを捉え、突破口を切り開いたことで行けるという雰囲気になっていた。1回裏に一死三塁から伊藤の内野ゴロで同点に追いついかれる。伊藤は立ち直り、自慢の速球を見せる。

 伊藤は昨年と比べると体つきは逞しくなっていた。182センチ75キロと体重がしっかりと増えて、ボールの質も変わってきた。伊藤はノーワインドアップから始動し、左足をしっかりと上げて、軸足にしっかりと体重を乗せて、滑らかな体重移動、コンパクトなテークバック、右ひじをしっかりと上げて、打者寄りで離すことを意識した投球フォームで、130キロ~135キロの速球、スライダー、カーブをテンポよく投げ分けるピッチング。昨年も130キロを超えていたが、それは稀。今ではコンスタントに130キロ中盤を計測しており、最速135キロも、5球は記録していた。青山学院の選手、安藤監督も、「良い投手ですね」と絶賛していた。今回の投球を見て、しっかりと努力を積んできたのが伺える。183センチ75キロと体格も良く、フォームも大きな癖がなく、しっかりと体を鍛え込んでいけば、140キロ台も期待できるだろう。上でも続ける技量、ポテンシャルを持った逸材として、ぜひ将来を見据えて取り組んでほしい選手だった。

 その伊藤を打ち崩すためには守備陣にプレッシャーをかければよい。青山学院の選手たちは小刻みに動きながら、成城ナインを崩しにかかる。
 4回表、6番中村柊斗(3年)の二塁打からチャンスを作り、その後犠打を絡め、二死三塁から9番佐々美音(2年)の適時二塁打。さらに1番友清慶啓(3年)の適時打で3対1とする。そして5回表には二死三塁から敵失で4対1に。6回表も二死二、三塁から敵失から2点を追加。

 7回表、3番石野田颯馬(3年)の二塁打から始まり連続四球で無死満塁からチャンスを作ると、6番中村の犠飛、7番永嶋吾郎(3年)のスクイズで2点を追加。8対1で7回コールド勝ち。予想以上の大差となった。