自分の攻撃スタイルに手応え 駒場学園が9得点を挙げ、初戦突破!

4番荻原(駒場学園)

 初回から得点を取って試合の主導権を握る。駒場学園のスタイルがしっかりと発揮された試合だった。駒場学園は1回表から打線が爆発。一死二、三塁から4番荻原大二朗(3年)がストレートを捉え、左中間を破る適時三塁打で二者生還し、2対0とする。荻原は恵まれた体格をした右の一塁手。打球の伸びは誰よりもあり、好打者タイプが多い駒場学園では、ロングヒットが期待出来る選手だ。

 さらに二死一、三塁となって6番二井の適時打で3対0と点差を広げる。そして二死一、三塁から8番川崎慶太(3年)の適時打、9番の適時打で5対0。打者一巡しても勢いは止まらず、2番早野優(3年)の適時打で打線は1点を追加し、6対0。

 2回表、3回表にも1点ずつ加え、8対0としたが、3回裏、都立松が谷が反撃開始。一死一、二塁から4番大竹真輝(3年)の適時二塁打で1点を返すと、さらに一死二、三塁から5番佐藤友紀(3年)の内野ゴロ、6番出口蓉亮(2年)の適時二塁打で8対3と5点差にする。

 5点差に迫られたが、中盤で1点を加えることをテーマに駒場学園は6回表、バッテリーミスから1点を追加。
 しかし7回裏、都立松が谷も粘り、二死満塁から7番秋山拓実(3年)の適時打で2点を返し、9対5とした。
 なんとか駒場学園が逃げ切りに成功し、勝利を収めた。試合を振り返って木村監督は、「序盤に点を取ったことで選手たちにも勢いはありましたし、また点の取られ方も打たれての取られたもので、エラー絡みではなかったので、リズムよく行けたのではないかと思います」と試合を振り返った。

 駒場学園は年明けから静岡県で合宿を行ってきた。そこでは打つ、走る、守るととにかく積み重ねてきた。それが大きな自信になっており、地区予選でも順当に勝ち上がり、試合を経ることで、自分たちの野球ができてきたと実感している。木村監督も、「だんだん集中力がでてきて、内容も良くなってきていると思います」と試合内容を評価していた。
 次はシード校の日大桜丘と対戦。この勢いのまま試合に臨んでいきたい。

(取材・写真=河嶋 宗一

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。