タイブレーク突入!都立足立西の主将・池田のサヨナラ打で熱戦を制する!

小川男樹(都立保谷)

 4月1日から始まった東京都大会。府中市民球場の第1試合は、打ち合いとなった。
 1回裏、都立保谷が二死三塁から4番大熊慶也(3年)の適時二塁打で1点を先制。対する都立足立西も、二死から3番でエースの秦山 優唯斗(3年)が安打で出塁し、4番石見雄大(3年)の左越え適時三塁打で勝ち越しに成功する。しかし3回表、二死二塁から4番大熊の適時打で勝ち越しに成功するが、4回裏に坂口慧斗(3年)の適時打で2対2の同点に追いつき、さらに5回裏には二死二塁から秦山の適時打で3対2で勝ち越しに成功する。さらに岩見が2ラン本塁打を放ち、5対2とする。

 都立足立西のエース・秦山は桐朋専修大附と2つの私学を破った原動力となった好投手である。ただ一次予選で2試合投げ抜いた疲労もあり、調子は上がっていなかった。左腕のグラブを高く掲げ、真上から投げ込むオーバーハンド。球速は、125キロ~128キロと突出して速いわけではないが、カーブ、スライダー、チェンジアップを駆使して投げる投手。

 投球を見ていると、緩急をつけるのは上手く、高めのつり球を使ったり、本来の調子ではないようだが、打者を見ながら投球を組み立てている様子は伝わった。要所で粘れるところはさすがで、体ができれば、もっと速くなるだろうし、さらに注目される可能性は秘めている。

だが都立保谷も7回表に2点を追い上げ、さらに9回表、都立保谷は2番鈴木友親(2年)が三塁打を放ち、一死三塁のチャンス。ここで3番小川男樹(3年)が中前適時打を放ち、5対5の同点に追いつく。そして9回裏、二死満塁で頼みの4番・石見に回ったが、左飛に終わり、試合は延長戦へ突入する。