武蔵、鮮やか逆転勝利!上野学園は寺戸の豪快2発も惜敗

先発・小宗(武蔵)

 球春到来も寒の戻りとなった3月13日、春季東京都大会一次予選第11ブロック1回戦2試合が日大二高立川グラウンドで行われた。第1試合は、武蔵の鮮やかな逆転勝利となった。
試合後、上野学園の小川 貴智監督は振り返った。
「力不足ですね。秋に守備で負けてしまったので、練習してきました。ただ、相手ピッチャーの小宗君のレベルが高かった。このレベルの投手を打てないと勝てないと痛感しましたね」
4対5というスコアではにわかに信じがたいが、小川監督の言う通り上野学園のヒットは3本だけだった。得点は寺戸 諒平の2ラン2本によるもの。しかも走者は四球で得たものだった。
「1月まで個の力を伸ばし、2月から連係プレーなどチームとしての力を伸ばすことをやってきました。ある程度守備面では自分たちで考えて練習したプレーも出来ていたので、今度は攻撃ですね」

 一方の武蔵は、1対4という劣勢から6回に4得点を取り一気にひっくり返した。それまでヒットは出ていたものの、走塁ミスや牽制死などなかなかチャンスを生かせずにいた。それでも、焦りは無かったと樋口 尭彦監督は言う。
「秋口から足を絡めた機動力の野球をずっと練習してきたんです。ちょっとしたというか…痛いミスもありましたけど(笑)でもやり続けていればチャンスは来るんじゃないかな、と」

 それが6回に一気につながった。先頭の菅沼が執念で三塁線を破ると石渡も続き、鈴木 開智主将はきっちり送りバント。そこから鈴木慶、小宗がいずれもタイムリー二塁打を放ち同点に。続く高橋がすかさず勝ち越しのタイムリーを打ち逆転に成功、と鮮やかだった。
「序盤はどうなることかと思いましたが、なんとかつながってくれました。声が出たのも良かったです。みんな打ち出すと元気になりますからね」監督含め、選手も明るいチームは声が出始めるとやはり強かった。