投打で存在感を示す東海大高輪台の勝因

2回に本塁打を放った大西星夜(東海大高輪台)

 前回の工学院大附戦では、初回に一挙11得点と驚異の攻撃力の高さを披露した東海大高輪台と、都大会では2試合を戦い1失点と守備力の高い足立学園とが、江戸川区球場で激突した。

 試合は、2回戦の勢いそのままに東海大高輪台が優位に試合を進める。
初回に先頭の嶋﨑 草太郎が中前安打で出塁すると、2番・森田 直人が犠打で送り、早速得点圏に走者を進める。4番・大西 星夜が四球でチャンスを広げ二死一、二塁とすると、5番・若林 樹の左前安打で1点を先制に成功。

 さらに、二死一、三塁と好機が続く場面で打順が回ってきたのは、6番・米倉 凌平。米倉が放った打球が相手のミスを誘い、その間に三塁走者が生還し2点目。

 東海大高輪台の勢いは2回にも止まらない。
先頭の8番・村田 康貴が左中間を破る二塁打を放つと、9番・日高 拓海が犠打で堅実に送り一死三塁と追加点のチャンスを迎える。ここで、1番・嶋﨑が右翼方向に安打を放ち1点を追加。2番・森田も続いて右前に安打を放って一死一、三塁とチャンスを広げる。ここで3番・青木 海斗が中堅手へ犠飛を放ち、もう1点。

 二死一塁とした場面で、前回の試合で4打点と大活躍の大西のバットに快音が響いた。6点差目となる豪快な2点本塁打を放った大西は、ダイヤモンドを回る際に右の拳を突き上げ、喜びを爆発させた。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会