互いに「安打数8」、勝負を分けたものは?

完投した関根 智輝(都立城東)

 昨日とは打って変わって、快晴に恵まれた江戸川区球場で行われた第1試合は、都立城東都立紅葉川の都立校対決となった。
明大中野を破った都立城東と、國學院久我山を破った都立紅葉川という注目の都立強豪校が3回戦で激突するとあって、球場には多くの野球ファンが駆けつけた。試合が開始される頃には、空きの席を見つけるのが困難なほどであった。

 両チームともにランナーを出すも、関根 智輝都立城東)、栗林 直生都立紅葉川)の両投手が要所を抑える立ち上がり。

 試合が動いたのは、3回表の都立紅葉川の攻撃。
二死から2番・鈴木 貴也が、打った瞬間に本塁打だと分かる当たりを放ち1点を先制。続く3番・沼 将太も中堅手横を抜ける二塁打でチャンスを作るも、これ以上の追加点は許さなかった都立城東・関根。

 先制の本塁打を許すも、以降の4回に5番・平賀 雄一朗、6番・伊藤 岳、7番・広瀬 伸一朗への三者連続三振を奪うなど、失点を引きずらない引き締まったピッチングから、流れは都立城東に傾き始める。

 迎えた5回裏に、都立城東は反撃を開始する。
一死から7番・高野 慎太郎と8番・中島 誠丈への連続四球と、9番・片倉 優樹の左翼手頭上を越える二塁打で、まず1点を返す。なおも一死二、三塁と続くチャンスに、1番・佐々木 雄也の左翼への適時打で逆転に成功。その後、2番・武政 要の左前への適時打などで、さらに2点を加え4対1と鮮やかに逆転に成功した都立城東

 しかし、都立紅葉川も粘りを見せる。
逆転された直後の攻撃では、先頭の2番・鈴木貴の安打性の当たりを都立城東の一塁手・高野に好捕されるも、3番・沼が右翼線へ打球を運び二塁まで到達。このチャンスに5番・平賀が中前安打で応えて1点を返す。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会