9回に2点を勝ち越した修徳が、桜美林との接戦を制す!

先発の北村 祐心(桜美林)

 初戦で都立の星・都立小山台を7回コールドで破った桜美林。2回戦の先発を託されたのはエースで4番、チームの大黒柱でもある北村 祐心だった。1回表、北村は先頭の澤地 泰雅にライト前へヒットを打たれるが、3番渕上 聖司をセカンドゴロでダブルプレー。結果的に3人で打ち取る上々の立ち上がりを見せた。

 一方、夏を経験したメンバーが多く残る修徳。先発は1年生ながら今大会の背番号1を背負う佐藤 慎也。1回裏は2番竹井 錬弥を内角の直球で見送り三振にするなど、真っ直ぐでグイグイ押していくピッチングを見せたが、主審から二段モーションの注意を受けてしまう。2回裏には、再び注意を受けたことで動揺。二死から7番大網 康功に四球。8番田邉にはファウルで粘られた末にライト前へ落とされ、9番田中にも四球と満塁のピンチを招くが、ここは1番伊藤 峻星から空振り三振を奪い、何とか無失点で切り抜けた。

 ピンチを脱した修徳は3回表。8番佐藤が放ったピッチャー前の小飛球を北村が捕り損ねて出塁すると、9番宮本 博文がバントで送り、1番澤地は四球。一死一二塁のチャンスで打席に立った2番遠藤はライト線を破る三塁打を放ち二者生還。修徳が2点を先制した。

 しかし、佐藤のピッチングは立ち直る気配がない。3回裏も先頭の竹井に四球。続く3番の増渕 岳にも2ボールとしたところで修徳の阿保監督は飯田 奎太にスイッチ。増渕にはセンター前にヒットを打たれ無死一三塁とピンチは広がったが、4番北村を浅いライトフライ。5番松井 洸太は三振。6番中野はショートフライと、ここは二番手の飯田が凌ぎきった。

 だが、桜美林の攻勢は止まらない。4回裏、7番大網がライトへ二塁打を放つと、8番田邉が送りバント。続く9番田中が投前にスクイズを決めて1点差。5回裏は4番北村がライト線に二塁打。5番松井が犠打で送ると、6番中野がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、2イニングで4本の犠打と犠飛を重ね、同点に追いついた。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会