早大学院が岸本の粘りの投球と4番太田の活躍で岩倉を破る!

3回に同点打を放った伊勢 海星(岩倉)

 1回戦を7回コールドで勝ち上がった早大学院と、ブロック予選で都立武蔵丘駒大高都立小平南を退け、今大会はこの試合が初戦となる岩倉の対戦。

 両チームのスターティングメンバーでまず目を引いたのは、早大学院がエースの柴田 迅を外し、背番号10の岸本を先発させてきたことだった。その岸本は初回、先頭の安田 拓矢をいきなり四球で歩かせる不安なスタートだったが、2番伊勢 海星をセカンドゴロで併殺に打ち取ると後続も抑えて無失点。

 一方、岩倉の先発マウンドにはエースの早川が上がったが、こちらも先頭の大石 武史に四球を与えると早大学院は2番後藤が確実に送りバント。3番浦野 聖弥が一二塁間を破るヒットで続き一死一三塁とすると、4番太田 雅之がスクイズを決め、あっという間に先制した。

 岩倉も黙ってはいない。3回表、8番弓指がレフト前にクリーンヒット。9番早川の送りバントは、ピッチャー岸本の二塁送球がわずかに上へ逸れ犠打野選となり無死一二塁。1番安田の犠打で二三塁とすると、2番伊勢がライト前に弾き返してあっさり同点とした。なおも岩倉は盗塁などで一死二三塁と攻め立てるが、ここは早大学院の岸本が踏ん張り、3番森本を低めの真っ直ぐで見送り三振。4番今野はサードゴロで逆転は許さなかった。

 すると、4回裏、早大学院はこの回先頭の6番内海がライトフェンス直撃の三塁打。一死後、ここで木田監督が早くも勝負に出る。代打に1回戦都立足立新田戦で満塁本塁打を放っているエースの柴田を送ったのだ。外野が深めの守備位置を取り、犠飛でも1点という場面であったが、初球のサインは誰もが予想していなかったスクイズ。これが見事に決まり、早大学院は勝ち越しに成功した。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会