日大桜丘・丸木、土俵際で踏ん張り3回戦へ

三塁打も放った都立南平・大日方 樹

 ともに成長過程にあるチーム同士の対戦。ミスも多く出たが、両チームの一生懸命さが伝わってくる試合であった。

 都立南平は秋季都大会初出場。さほど目立ったチームではなかったが、この春、都立足立新田などの監督を務めた畠中 陽一が監督に就任するなど体制が変わり、徐々に力を付けている。畠中監督は、「まだ野球を知らない。でも努力する能力はどこにも負けない」と語る。

 試合序盤、都立南平はチャンスをつかみながら、拙攻で潰す。1回表、一死後2番村松 勇祐の中前安打、3番諏訪 良太郎の四球で一、二塁のチャンスをつかむも、バントの空振りで村松が飛び出し、刺される。

 2回表も5番江田 敦俊が敵失、8番先発登板の大日方 樹が死球で出塁するも、大日方が日大桜丘の捕手・伊藤 一憲の牽制に刺されてチャンスを潰す。「キャッチャーが向こうの流れを止めてくれました」と日大桜丘の佐伯 雄一監督は語る。

 その裏、日大桜丘の猛攻が始まる。この回先頭の4番土田 尚也が四球、5番富澤 圭都のバントは内野安打になり、6番田中 海聖のバントは捕手のエラーを誘い、無死満塁。ここで7番齋藤 栄樹がライトオーバー、走者一掃の三塁打を放ち、日大桜丘が3点を先取した。さらに齋藤は9番森 悠成の中前安打で還り、この回4点を入れる。

 さらに日大桜丘は5回裏にも4番土田の二塁打などで1点を追加する。

 日大桜丘の一方的な展開になりかけた試合は、6回表に変わり始める。
この回、二死一塁の場面で、苦労の投球が続く8番大日方がライトへの三塁打を放ち1点。さらに9番中島 慧太が四球で歩き、打席に入った1番森 祐樹が右中間を破る二塁打を放ち2人が還る。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会