二松学舎大附、今村の2発で日大三撃破

2本塁打を放った今村 大輝(二松学舎大附)

 事実上の決勝戦とも言われた好カード。八王子市民球場は、内野席は立ち見が出るほど大勢の観客で埋まった。
この両チーム、この春の都大会準々決勝でも対戦し、この時は二松学舎大附のエース・大江 竜聖が打ち込まれてコールドゲーム負けを喫している。大江は、「同じ相手に二度負けるわけにはいかないと」闘志を燃やした。

 結果としてはこの試合、その時の悔しさを知る大江が好投し、今村 大輝が本塁打を2本放ち、三口 英斗が好守をみせ、二松学舎大附に勝利をもたらした。
日大三の先発・小谷野 楽夕の対戦で先発している。ともに東京の高校球界を代表する好投手の対決になった。

 1回表日大三は1番宮木 紳道が中前安打で出塁したものの、後続が倒れ無得点。4回表もこの回先頭の宮木が四球で出塁し、相手エラーなどもあり一死一、三塁のチャンスを作ったけれども、得点できない。

 その裏二松学舎大附はこの回先頭の2番鳥羽 晃平のライトオーバーの二塁打で出塁したものの、3番、4番が倒れて二死。打席には今村が立つ。今村はツーボールからの3球目を叩くと、打球はレフトフェンスを越え、先制の2ランとなった。
「今までチームに迷惑をかけてきましたので、狙っていました。(球種は)真っ直ぐです」と、今村は語る。

 もっとも日大三の小倉 全由監督にすると「歩かせてもいい場面。あそこは指示が徹底しなかった」と、悔やまれる本塁打であった。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会