駿台学園、先行逃げ切りに成功!先発・堤の好投光る!

犠牲フライを放つ1番・望月裕也(駿台学園)

 10月18日、立川市立川公園野球場では前日に中止となった2回戦と、もとから予定されていた3回戦、あわせて3試合が行われた。
第2試合は、駿台学園都立日野の対戦。都立日野はこの試合が都大会の初戦。一方の駿台学園は1回戦では芝浦工大高と対戦。初回、2回と早い段階で得点し、その後食い下がる相手を振り切り勝利を収めている。

 この日も駿台学園は先手を取る。
1回表、先頭打者の望月 裕也がヒットで出塁。2番の堤 涼太が四球を選び一、二塁とすると、3番・菅 哲平がレフト線へとタイムリーツーベースを放つ。まず望月が生還し1点を先制。堤もホームを狙おうと三塁を回りかけるが、都立日野レフトからすぐさま送球があり、三本間に挟まれてしまい、アウトに。さらに菅もその間に三塁を狙うも、ボールを三塁に送られアウト。一気にランナーがいなくなってしまう。都立日野は先制は許したものの、傷口は最小限に収めたかっこうだ。

 しかし2回表、都立日野に守備の乱れが出る。6番・久野 雅史をエラーで出塁させると、一死を取った後、8番・小松 健太もエラーで出塁をさせてしまう。さらに9番・堀越 純には四球を与え、ノーヒットで満塁としてしまう。初回に駿台学園攻撃の口火を切った1番・望月 裕也が犠牲フライを放ち、久野が生還。追加点を奪い2対0とリードを広げる。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会