逆転の佼成学園!東海大菅生の隙を見逃さず8強入り!

先発・梅田大樹(佼成学園)

 立川市立川公園野球場での第3試合は、佼成学園東海大菅生の対戦。3回戦、しかも強豪校同士の顔合わせとあり、強い西日が差す中、多くの人が球場に集まり声援を送った。

 佼成学園は1回戦で国士舘を7対3の逆転で破ると、2回戦も立教池袋にリードを許す展開ながら中盤から終盤に打線が爆発、10対4で逆転勝利を収めている。諦めない姿勢と流れを生んだらしっかりと捕まえる集中力を持っている。
一方の東海大菅生は1回戦で創価と対戦。延長15回引き分け再試合を8対0で制し、2回戦では日大二を相手に終盤までもつれた末4対3と逆転勝ち。エース・伊藤 壮汰の執念の投球をはじめ、チーム力で勝ち上がってきた。

 そんなドラマチックな大会を送っている両者、この日は佼成学園梅田 大樹東海大菅生伊藤 壮汰というエース同士の対戦。立ち上がりはお互いバックの堅守もあり静かな展開になった。

 試合が動いたのは4回だった。
4回表、東海大菅生は先頭の落合 宏紀が四球を選び出塁。4番・伊藤 壮汰がヒットで続き、5番・金子 佳樹がバントで送り一死二、三塁とキッチリとした攻撃を見せる。この流れに乗りたい東海大菅生、続く打者は6番・深澤 祐太。深澤は右方向へタイムリーを飛ばし、落合が生還。お手本のような攻撃で東海大菅生が先制に成功する。
続く7番・本橋 実生の打球は佼成学園サード・真田 和輝が素晴らしい反応を見せダイレクトでキャッチ。さらなる得点は許さないと、佼成学園はこの回を1点に抑え込む。

 最少失点で切り抜けたことが功を奏し、その裏、佼成学園は早速反撃に出る。
一死から4番・中嶋 瞭がヒットで出塁。盗塁を決め二死二塁となったところで、先ほど見事なキャッチを見せた6番・真田 和輝が右中間を破るタイムリースリーベースを放ち、同点に追いつく。さらに主将の7番・矢本 海星がタイムリーで続き、佼成学園が一気に逆転に成功。逆転の佼成学園の力を見せつける。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会