そして7回裏。1アウトを取った後、ここまで好投してきた世田谷学園の山口投手に異変が起きる。打者に4球を投げて返球を受けた際だろうか、グローブをはめる左手の親指を挫く形で試合がしばし中断。結局バッターにレフト前ヒットを許したところで急遽3年生バッテリーにスイッチすることになった。

 岡山 隼大投手(背番号1)と町田 将希捕手(背番号2)の3年生バッテリーは、試合開始直後から投球練習をしていたため準備は万端。続くバッターをファールフライに打ち取ってみせる。しかし続くバッターに死球を与え2アウト一、二塁。ここで国士舘3番竹内 亮太選手(3年)の強烈な打球が一二塁間へ。ファーストが懸命に突き出したグラブをかすめ、ライト前への逆転タイムリーが生まれた。

 国士舘は、初めて奪った1点のリードを7回からマウンドに登ったエース百瀬 永遠投手(3年)が守り切る。3イニングを被安打0、四死球0、5奪三振のパーフェクトリリーフで逃げ切った。

 国士舘の2得点は、ギリギリで奪ったものだった。ともに世田谷学園の守備陣がダイブで伸ばしたグラブをかすめたヒットだった。ギリギリのプレーでアウトを獲った国士舘。ギリギリのプレーでヒットにしてしまった世田谷学園。紙一重の差が結果に直結してしまった試合だったからこそ、よけい国士舘の守備が印象に残った。

 国士舘の守備は「上手い」「堅い」というより「強い」という言葉が適切かもしれない。放たれた打球を「受ける」のではなく「狩る」イメージだ。普通、守備=受け身と考えるが、果敢に仕掛けてボールを奪いに行く能動的な姿勢に「強さ」を感じさせられた。

 一方、ギリギリのプレーでヒットにしてしまった世田谷学園だが、だからといって守備面に問題があったわけではない。逆にヒット性の打球を“アウトにできるかもしれない”プレーにまで持ち込んだことを評価するべきだ。4回にこの試合唯一となるエラーを記録した選手も、ショートらしく軽快な動きで技術レベルは間違いなく高い。これは本人のみぞ知るところだが、試合前のシートノックでなぜかボールが手につかないケースが複数あった。ひょっとしたら、このノック時のイメージがエラーの伏線になっていた可能性もある。いずれにせよ、そんなことにまで考えを巡らすほど甲乙つけがたい実力者同士の戦いだった。

 世田谷学園は、試合に負けて“悔しい”であろうが“悔い”はないのではないだろうか。この4日間は、人生の中でも最も濃密だった暑さとして、きっと脳裏に刻み込まれたはずだ。

(文=伊藤 亮

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会