世田谷学園に「守り勝った」国士舘が8強へ

 ロースコアの接戦を制した第5シードの国士舘がベスト8へ進出。神宮球場で行われる準々決勝で、前年準優勝校の東海大菅生と対戦することが決まった。

 あとひとつ勝てば神宮球場で試合ができる。ただし、「甲子園へ行く」という目標を考えると決勝までを見越し、大局観をもって選手(特に投手)の疲労具合も配慮しなければならない。多くの地区がそうであるように、西東京もまた5回戦の位置づけが難しい。雨天順延で試合日程が詰まった今大会はなおさらだ。

 ここ4日で3試合目となる両チーム(世田谷学園はノーシードのため国士舘よりさらに1試合多く戦っている)。先発は世田谷学園が17日の3回戦以来の先発となる背番号11の山口 翼投手(2年)、国士舘は今大会初先発となる背番号10の安陪 蕙投手(2年)。

 試合は両チームとも想定内の、納得のいく試合ができたのではないだろうか。結果としては国士舘が「守り勝った」印象が強い。両2年生投手の力投で試合が進んだが、序盤からバッティングが良く見えたのは世田谷学園だった。しかし、国士舘守備陣がことごとくアウトに抑える。

 2回、世田谷学園5番小川 司選手のサードゴロは長沢 燎選手(2年)が。3回、世田谷学園9番伊藤 良介選手(2年)のセカンドゴロは上原 隼選手(1年)が。そして4回、世田谷学園3番近藤 竜太郎選手(2年)のバスターエンドランからのセンターフライは中尾 将選手(3年)がギリギリで抑え、アウトを獲る。

 しかし、かんばしくない流れの中で先制した世田谷学園もさすがだった。4回、ノーアウトのランナーをバスターエンドランで強襲するもののファインプレーに阻まれた直後。4番鷲津 澄選手(3年)が、左中間を破る2塁打。エンドランがかかっていたこともあり1塁ランナーがイッキに生還。主砲で主将の“背負うものがある男”の責任を果たす一振りで1点を奪う。

「先制した後の守りは大事」というのはもはや定説だ。世田谷学園もそのことは重々承知していた。4回裏の守備では、国士舘の主軸である4&5番打者を高い集中力で抑え早々と2アウト。そして6番忰田 健太選手(3年)の打球もボテボテの内野ゴロ。しかし微妙な場所に転がったことで、ショートが素早くさばくも送球が逸れるエラーで出塁を許す。そして続く国士舘7番松澤 龍樹選手(2年)の打球はレフトライン際へ。レフトが懸命にダイブするも届かず、ボールを逸らす間に1塁ランナーはホームを駆け抜け同点となった。定説とはやはり無視できないものである。

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会