怪物清宮・夏デビュー!都立東大和南の粘りに早稲田実業辛勝!

 八王子市民球場の第1試合は、雨で2日流れた、早稲田実業都立東大和南が行われた。この日は夏休み初日ということもあり、球場は立ち見も出る大賑わい。怪物・清宮 幸太郎を一目見ようという報道陣や観客であふれかえった。
この状況に、都立東大和南が燃えないわけがない。1回戦を明法相手に4対0、2回戦は東京電機大高を7対0とコールドで打ち負かしてきたチームは、気合十分。満を持して早稲田実業との対戦に備えてきた。
いまかいまかと待ち構える観客と球児の熱気に押される形で、定刻よりやや早く始まった。試合開始のコールがかかるや、厚い雲が球場上空を覆う。嵐を呼ぶ男、清宮の夏デビュー戦の始まりだ。

 試合は初回、いきなり早稲田実業打線が牙をむく。1番・山田 淳平がツーベースで出塁。2番・玉川 遼が送り、一死三塁で清宮へ。清宮が四球で歩き、一死一、三塁としたところで、打席に入るのは、こちらもプロ注目の4番・加藤 雅樹。加藤はセンターへタイムリーツーベースを放ち、4番の仕事をする。その後ワイルドピッチの間に三塁走者の清宮も還り、早稲田実業が2点を先制する。

 しかし黙っていない都立東大和南。3回裏、一死一塁から羽村 祥がエンドランを決め一死一、三塁に。続く井出 駿悟のセカンドゴロの間に1点を返す。

 4回表、早稲田実業この回先頭、金子 銀佑が左中間へスリーベースを放ち出塁。続く富田 直希がタイムリーを放ち1点を追加。渡辺もセンターへのタイムリーを放ち、この回2点目を挙げ、なおも二死一、三塁で、打者は清宮。2ボール1ストライクからの4球目。ライト方向へライナー性の打球が抜けようかというところを都立東大和南セカンド・井出がジャンプをしてキャッチ。アウトに仕留めるファインプレーを見せる。

 その裏、都立東大和南は連打で一死一、二塁とチャンスメイクをすると、7番・村上 直也がレフトへタイムリーを飛ばし、1点を返す。さらに一死一、二塁から8番・張替 信也がセンターへ打球を飛ばす。三塁走者が還り、二塁走者も本塁に突っ込むが、早稲田実業センター・渡辺 大地からストライクの返球が送られアウトに。ギリギリの攻防が続く。9番・奥田 逸平にも打たれ5連打となったところで、早稲田実業上條 哲聖に投手交代。上條は1番・羽村にヒットを打たれるものの後続を断ち、なんとか1点差に留める。

 5回表、早稲田実業は二死一、二塁から上條がタイムリーを放ちガッツポーズを繰り出す。さらに二死満塁から山田が2点タイムリーを放ち、この回3点を追加。粘る都立東大和南をなんとか引きはがそうとする。
だが都立東大和南はその裏、早稲田実業守備の隙を突き1点を挙げ、くらいつく。

 しかし、攻撃での粘りもここまでだった。7回から代わった早稲田実業3番手・服部 雅生の前にヒットが出ず、得点を動かせない。結局、8回にも清宮のタイムリーで1点を加えた早稲田実業が8対4と勝利。都立東大和南の粘りに苦しみながらも初戦を飾ることに成功した。

(文=青木 有実子)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会