終盤の日本学園に傾いた流れを好守で断ち切った都立富士森が勝利!

 連日の猛暑に加え、本日も強い風が吹き荒れる府中市民球場。試合前に大量に水が撒かれたが、すぐに乾いてしまう程日差しが強い中行われた第1試合は、都立富士森vs日本学園の一戦。

 先手を取ったのは都立富士森
2回表の攻撃で、先頭の4番・塩満 絢史が中前安打で出塁すると、5番・長澤 貴裕が犠打で送る。二死後に7番・大朏 弘樹が放った打球が中前への適時打となり、先制に成功する都立富士森

 続く3回でも、9番・小川 祐成がストレートの四球で出塁すると、1番・江原 直樹が右前に打球を運びチャンスを広げる。相手の野選もあり一死一、三塁の場面で一塁走者が盗塁を成功させた直後に3番。柏田 悠佑が放ったゴロを処理する間に1点を追加。

 リードする都立富士森だが、投げては先発・小川 祐成が好投を続ける。6回を投げきり散発の3安打に抑え、ピンチの場面では、右翼手・江原の好捕を始めバックもこれを支える。

 さらに7回には、日本学園の3番手として登板した一柳 大我の立ち上がりを攻め、ストレートの四球から出塁した6番・黒澤 竣に続き、7番・大朏が左前安打で出塁する。ここで一死後に9番・小川がスクイズを試み見事成功。7回に貴重な3点目を追加し、都立富士森が試合を決めたかに思えた。

 しかし、その直後の7回裏の攻撃で日本学園も反撃する。
7番・遠藤 大智が死球で出塁し、9番・見上 力が中前適時打で1点を返す。ここで都立富士森は、投手を小川から穴澤 洋に交替し、後続を中飛に打ち取り追加点を許さなかった。

 しかし、この1点から流れが日本学園に傾き始める。
8回裏の攻撃でも、一死から3番・石黒 涼が右前安打で出塁し、続く4番・一柳も中堅に大きな当たりを放つ。しかし、ここは定位置よりも深い位置で守っていた長澤が好捕し、ピンチの芽を摘んだかに思えた。しかし、直後の5番・髙瀬 崚史が左中間を深々と破る適時二塁打で1点差まで迫った日本学園。ここで6番・岩﨑の痛烈な三塁への打球を都立富士森の三塁手・小早川 宗一郎が飛び込みアウトにし、なんとか同点のピンチをしのいだ。

 9回にもチャンスを作った日本学園だが、あと1本が出なかった。都立富士森は、1点差を守り最後まで逃げ切り勝利した。勝利の瞬間、都立富士森ナインはベンチから飛び出しハイタッチや抱き合って喜びを爆発させていた。

 両チームともピンチの場面での好守が多く引き締まった試合であったが、特に8回裏の都立富士森の三塁手・小早川の好捕が非常に大きかった。

 勝利した都立富士森は、7月17日に立川市立川公園野球場で東京都市大付佼成学園の勝者と戦うことになった。

(文=佐藤 友美)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会