全員野球で臨んだ日本学園が接戦を制す!

 市営立川球場第2試合は、7回まで0行進で進む緊迫の展開となった。結果は8回の攻防を制した日本学園が3対1で逆転勝利を収めた。
押し込む日本学園。真正面から受けとめる都立立川。それが試合の概ねの図式だった。日本学園は2回に1アウト2、3塁、4回に1アウト満塁、6回に1アウト満塁と、大きな得点のチャンスを作った。しかし、都立立川はエースの小杉良治投手(3年)を中心に堅実な守備で得点を許さない。逆に5回、6回、7回とスコアリングポジションにランナーを進め、逆に先制点を奪おうという気迫を見せる。だが日本学園も危機意識を強め、力で後続を断ってみせる。

 両校の良さが出た試合は膠着状態となり、気持ちのいい緊張感を漂わせながら8回まで進んだ。ここで試合が動く。

 8回表。立川は1アウトから1番廣田優作選手(3年)が四球で出塁。2番安藤 陸選手(3年)が初球から送りパンとをきっちり決め、2アウト2塁の場面を作り上げる。ここで3番月村佑平選手(3年)がライト前へタイムリーヒット。2塁ランナーは一度サードを周った時点で足を止める当たりだったが、ライトがファンブルしている間に生還。待望の先制点を都立立川が奪う。

 8回裏。先制された日本学園は先頭の4番で7回からはマウンドに上がっていた一柳 大我選手(3年)が意地のサード強襲ヒットで出塁。続く5番で6回から途中出場していた長谷康輝選手(2年)が死球で続く。6番岩﨑飛翔選手(3年)が初球で送りバントを決め1アウト2、3塁に。ここで代打は体重94キロで登録されている名古屋友弘選手(3年)。きっちりライトへ犠牲フライを放ちまず同点に追いつく。さらに逆転のチャンスで次打者で6回から途中出場の平塚直人選手(3年)が死球を選んだ後、9番三上力選手(3年)が初球をレフト前逆転タイムリー。続く代打北原直樹選手(3年)も内野へタイムリー内野安打を放って追加点。試合終盤、8回裏の逆転劇で試合の大勢を決めた。

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会