延長12回の死闘!!都立富士森・江原の勝ち越し三塁打が勝負を決めた!

 府中市民球場での第二試合は都立府中工vs都立富士森の試合。

 都立府中工の先発右腕・鈴木 達也は181センチ、77キロの素晴らしい体格から投げ込まれる重いボールで都立富士森打線を苦しめている。
都立富士森先発の小川 祐成も凄みはないが左腕から丁寧にコースを突く投球でいい当たりはされるも、得点までは許さない。

 両校は再三チャンスを作るも固い守り披露し 7回表までは0更新が続く。都立府中工の鈴木にいたっては7回表までノーヒットピッチングを披露。

 鈴木、小川の力投で見応えある投手戦になったが、試合が動いたのは7回裏。
都立府中工の4番・上杉 泰賀が安打を放ち、すかさず盗塁成功。一死二塁で6番・高橋 洵介が外寄りの球を左中間へ弾き返し、先制タイムリーとなり1点先制。しびれる展開が続いたことから球場全体からもこの日一番大きな歓声が沸き起こった。

 振りきりたい都立府中工であったが、8回表。
ノーヒットピッチングを続けていた鈴木が初安打を許す展開に。都立府中工ベンチは好投していた鈴木であったが、ここで右サイドスローの平賀 龍太をマウンドへ。しかし二死二、三塁とピンチを広げてしまう。

 初安打をきっかけに掴んだチャンスで都立富士森のベンチ・応援席から、打席にいる柏田 悠祐にこの日一番の声援を送る。期待に応えた柏田は左安打を放ち、まず1点。二塁走者も生還を狙うがここは得点ならず。1対1と両校の1点を巡る戦いが続く。

 9回裏、都立府中工は安打、相手のミスでチャンスを作り、二死満塁。前の打席で二塁打を放っている9番・平賀に回る。期待がかかる場面であったが相手のファインプレーもあり得点ならず。都立府中工は絶好のサヨナラ機を逃してしまう。試合は延長戦に。

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会