1年生で3番を打つ留畑が試合を決定づける3点三塁打!明大明治が初戦突破!

 朝から厳しい暑さの府中市民球場。第一試合は明大明治vs都立府中。暑さに負けず試合前練習からよく声が出ている。

 初回、先攻の都立府中は明大明治の先発・小堺 優の制球が安定しないところを攻めたて、一死満塁のチャンス。迎えた5番・嵯峨 芳太郎、6番・駒野目 祥平だったが凡退に終わり都立府中の先制点はならなかった。明大明治・小堺は得点こそ奪われていないが、球が高い。

 ピンチの後にはチャンスありと言わんばかりにその裏、明大明治も攻める。1番・堤 大祐が安打、盗塁でチャンスメイク。後続も繋ぎ、都立府中バッテリーを足でかきまわす。しかしチャンスで併殺打になり得点には至らなかった。

 明大明治が2回裏、7番・小堺の三塁打から相手ミスで1点を先制。まず欲しいと思っていたであろう、先制点を挙げたことでスタンドの盛り上がりは最高潮に。
得点が入って以降、明大明治・小堺は余裕を持って投げることができ、打たせてとる投球で相手につけ入る隙を与えない。小堺に余裕が出てきたことから、野手陣のリズムも非常に良くなっていくので好プレーを連発。野手陣も全員で小堺を守り立てる。

 明大明治ペースになっているこの試合だが、都立府中ナインも「まず1点!」「相手に合わせるな!」自分達の野球を展開しようとするがなかなか後続が続かない。

 明大明治は5回裏に満塁のチャンスで1年生ながら3番を任されている留畑 賢太郎が右翼線に三塁打を放ち3点追加。なおも適時打で1点を加え、この回4点のビックイニングを作った。都立府中、先発・古木 秀太朗の変則的な投球フォームを打ちあぐねていたが、完璧に捉えた。この回をポイントに、5回以降もバリエーション豊富な攻撃スタイルを展開。

 7回には好投した小堺に代えて、1年生の柳澤 憲人がマウンドへ。安打を打たれるが後続を締めて試合終了。明大明治が7回コールド、7対0で初戦突破を果たした。

(文=高校野球ドットコム編集部)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会