これまでの勢いそのままに初回から満塁打!序盤に日大豊山打線が爆発!

 日差しが強くバックネット裏の日陰になっている席は満員になっていることが物語るように、猛暑の中始まった神宮球場での第2試合は日大豊山vs学習院の一戦。

 日大豊山は、これまでの戦いの勢いそのままに、初回から猛攻を仕掛ける。
日大豊山は先頭の大井 健次郎がエラーで出塁すると、2番・小林 陽一郎が犠打で送る。3番・山下 陽が左前安打、4番・稲垣 航聖が四球を選び一死満塁のチャンスをいきなり作る。ここで5番・吉村 貢司郎が右前安打で、まず1点を先制に成功する。続く6番・相川 直輝が振り抜いた打球が満塁の本塁打となり、初回から大きな5点のリードをする展開となった。

 日大豊山の勢いはまだまだ止まらない。
2回裏の攻撃では、四死球と3番・山下の中前安打で一死満塁のチャンスで打順は再び満塁打を放った6番・相川に回る。バッテリーのミスで1点を追加。そして、ここでも勝負強さを発揮し相川の放った打球は左中間へ。相川自身この試合6打点目となる2点タイムリーとなった。ここで、学習院の投手が木村 将から中村 剛士に交替。さらにエラーでピンチが広がるも、中村が後続を冷静に抑え、これ以上の失点は許さなかった。

 途中から登板した中村が好投し、ここから学習院も反撃を始める。
4回の学習院の攻撃では、1番・飯山 広樹が内野安打で出塁すると、2番・小堀 正大が左翼手の頭上を越える2塁打を放ち1点を返す。さらに3番・木村 将も左前安打で出塁し無死一、三塁とチャンスを広げると4番・鈴木 孝矢が右翼に犠飛を放ち1点。6回にも先頭の9番・佐々木 海翔の左翼線への2塁打で出塁すると、1番・飯山も中前安打で続く。二死から、日大豊山のバッテリーにミスが出て1点、4番・鈴木が中前へ打球を運び適時打となり1点を返す。
6回表を終了した時点で8対4と得点を少しずつ差を縮める学習院だが、反撃もここまで。

 最大8点あったリードを4点差まで詰められ日大豊山は、試合を決めにかかる。
6回に二死一、二塁のチャンスで9番・大浜 永遠が左翼線への2塁打で2点、7回には3番・山下の中前安打で1点を加え、これが7点差の得点となったため、ここでコールドゲームが成立した。

 学習院は初回の5失点が大きく響き最後まで逆転することができなかった。また守備のミスから日大豊山に再三のチャンスを与えてしまった点も惜しい点であった。しかし昨夏の2回戦という成績を大きく塗り替えベスト16まで躍進した強さが、本日得点を離された場面でも諦めず粘れていたところに出ていた。

 日大豊山は、初回から相手のミスや四球から作ったチャンスで効率良く得点できたのが勝因ではないかと感じる。昨夏の5回戦敗退の成績を超え、準々決勝ではどのような戦いを見せてくれるのか。

 勝利した日大豊山は、7月23日に準決勝の切符を懸けて成立学園修徳の勝者と戦うこととなる。

(文=佐藤 友美)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会