関東一乱戦を制す、スーパー1年生・清宮初本塁打

公式戦初本塁打を放った清宮幸太郎(早稲田実業)

 通常春季大会を取材するメディアは、そう多くない。しかしこの試合は、放送各社のカメラがずらりと並び、大勢の記者が詰めかけた。スタンドはもちろん、超満員。多くの観客やメディアの目当ては、早稲田実業の注目の1年生、清宮 幸太郎である。この試合、その清宮が、センター越えの本塁打を放ち、場内は沸いた。ただしこの試合を制したのは、関東一の方だった。

 2回表早稲田実業は、7番渡辺大地の犠飛で1点を先取したものの、先発の宮崎 廉太が乱調であった。
3回裏関東一は、四球で出た2番黒田 駿汰、3番伊藤 雅人の中前安打、4番森山 将の二ゴロなどにより還りまず1点。ここから5番五十嵐 滉希、6番松永 遼介に連続四球で満塁となり、7番井橋 俊貴、8番で今日先発の田邉 廉の連続死球、9番鈴木 大智が四球で、3人続けて押し出し。

 ここで早稲田実業は投手を宮崎から、1年生の服部 雅生に代える。服部もボールが3つ続くが、1番オコエ 瑠偉が3ボール1ストライクから打って出て、中飛に終わった。
オコエ自身、「判断が悪かったです」と、認める場面であった。

 関東一は4回にも1点を追加し、試合は、クライマックスとも言うべき5回を迎える。
関東一が4点リードしていた5回表、早稲田実業は2番玉川 遼の二塁打で2人が還り2点差。なお二、三塁に走者を置いて、3番清宮が打席に立つ。
1ボールからの2球目、豪快に振り抜いた打球は、打った瞬間に本塁打と分かる、強烈な打球であった。この3ラン本塁打で早稲田実業が6-5と逆転に成功した。

 打たれた関東一の先発・田邉は、「とにかくスイングが速かった。単調な配球で、真っ直ぐでストライクを取りに行ってしまいました」と語る。田邉はひょっとしたら記録に残るかもしれない、清宮の初本塁打を喫したわけだが、「逆に気持ちが良かったです。気持ちを切り替えられます」と、力強く語った。

 打たれた方にしてみると、不用意にストライクを取りに行ったのは、今後の反省点でもある。それにしても、本塁打を打てば逆転の場面で、高校1号本塁打を放つのだから、清宮はやはり並ではない。

【準々決勝】関東一vs早稲田実業の試合画像を見る!

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!