日大三打線開花、4本塁打で二松学舎大附に圧勝

反撃の口火を切る本塁打を放った小牧淳也(日大三)

 強風が吹き荒れる中、注目対決に午前中からスタンドは埋まった。
日大三はここまで3試合、スコアの上では圧勝でも、スッキリしない内容であったが、この試合では、好投手相手に打線が覚醒し、4本の本塁打で二松学舎大附を8回コールドで破った。

 センバツに出場した二松学舎大附の先発は、左腕のエース・大江 竜聖。対する日大三は、先発メンバーに左が4人並ぶ。
日大三の小倉全由監督は、「打てなかったらどうしようとか考えずに、思い切っていけ」と指示。選手はそれに応えた。

 もっとも、序盤試合の主導権を握ったのは二松学舎大附だった。
1回裏、秋はベンチ入りすらできなかったものの、秋から冬にかけて成長し、1番打者として定着している平野 智也が中前安打で出塁し、犠打、内野安打で三塁に進む。ここでセンバツ以降、勝負強さを買われて4番の座にいる北本 一樹が左前安打でまず1点。2回裏にも、四球で出塁した平野潤を、9番の岡田 浩輝が左前安打で還して、1点。2-0とした。

 日大三、反撃の口火を切ったのは、3回表に飛び出した、1番下小牧淳也のレフトオーバーの本塁打であった。下小牧の本塁打が呼び水となり、日大三の猛攻が始まる。

 4回表には、左前安打の川崎 拳士朗を一塁に置いて、7番佐々木勝哉がセンター越えの2ラン本塁打で、日大三が逆転した。この日の大江は、ボールが全体的に高めに行っていた。

 6回表には6番小藤 翼が今大会3本目となる本塁打を放ち、7回表には、4番坂倉 将吾の左前適時打などで1点を入れた。

 投げては先発の小谷野 楽夕が、序盤に2点を取られたものの、5回を4安打1四球に抑え、試合を日大三ペースに持ち込んだ。6回から登板した田村 孝之介も大崩れせず、3回を4安打無失点に抑えた。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!