3本塁打で打線爆発!二松学舎大附が6回コールドで創価を下し、準々決勝へ!

完投勝利を挙げた岸田 康太(二松学舎大附)。本塁打も放った

 一見すると、空席を見つけるのが難しいほどに観客が集まった神宮第二球場。
昨年、1年生エースとして注目を浴びた大江 竜聖を中心とし、この春のセンバツにも出場した二松学舎大附に大きな期待がかかる一方、同学年ながら、落ち着いたマウンドさばきを見せ注目を集める谷井 怜央を筆頭に、投手力、さらには打撃力をオフシーズンに磨いた創価にも注目が集まった。

 昨年の秋には、ブロック予選二回戦で激突した二松学舎大附創価であるが、その際は二松学舎大附に軍配が上がった。因縁の対決ということで、接戦が予想されたが、試合展開は一方的なものであった。

 まずは、初回。創価2番間野 郁哉が右中間を破る三塁打で出塁するも、その後は二松学舎大附先発岸田 康太が後続を断つことに成功。続く、1回裏の攻撃へと弾みをつけた。

 そして迎えた1回裏の二松学舎大附の攻撃。1番平野 智也が安打で出塁すると、2番島根 寛人が犠打で送り、3番三口 英斗の適時中前安打であっさりと先制点をもぎ取った。そして続く、4番北本 一樹の一振りは左方向にぐんぐん伸びていき、文句無しの本塁打となった。この本塁打で2点を加え、二松学舎大附は3対0とリードした。

 ここで創価ベンチは大きく動く。2回裏の守備にて、一番手網野 輝に代わり、二番手として谷井をマウンドへ送り込み、悪い流れを払拭しようと試みた。

 しかし、二松学舎大附の攻撃力は留まるところを知らなかった。
投手が谷井に代わった直後、この回先頭平野 潤が左方向へ打球を大きく引っ張り本塁打を放つと、リズムを崩したのか、谷井は痛恨の二者連続四球を献上。その後、四死球による押し出し、バッテリーミス、6番今村 大輝の適時打でこの回一挙6点を追加するビックイニングとなり、点差は9対0で二松学舎大附が大きく突き離す形となった。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!