満員のスタンドでのWASEDA対決は、早稲田実が先制攻撃で圧倒

先発の嵯峨 悠希君(早大学院)

 先の3回戦(試合レポート)で入学早々の1年生ながら3番打者としてデビューした早稲田実業清宮 幸太郎君。翌日のスポーツ新聞は、広島の前田 健太の完封記事を差し置いて、一面を飾ったところもあった。それくらいの注目度の高い逸材ということも言えるのだろうが、その清宮君の存在と、“早稲田対決”という話題性もあって、スタンドは夏の大会以上ともいえる、満員となった。

 そんな大注目の中での試合は、いきなり早稲田実業の猛攻撃で始まった。
初回に一死二塁という場面で清宮君に打席が回ってきたのだが、内側のストレートを捉えて強烈に一塁線を破る先制の二塁打となった。これで火がついた早稲田実業打線は、続く加藤 雅樹君も右前へタイムリー打。さらに四球後、富田君の中前打、渡辺大君の中越二塁打、さらに山田君の中前打と続いて6点が入った。ここで早大学院の先発嵯峨 悠希君はマウンドを降りることとなった。

 早大学院の木田茂監督は就任して6年目となるが、今回で3度目の早稲田対決となった。野球の実績では早稲田実業が優っているだけに、早稲田大の直系付属校の早大学院としては、「何としても早稲田実業に一泡吹かせたい」という思いが強い。木田監督も、その気持ちで迎えた3度目の対決である。

 先発の嵯峨君に関しては、「早稲田実業との対戦になったら、先発は行くぞ」ということは伝えていたという。というのも、実は嵯峨君は早稲田実業志望だったところを木田監督が強引に誘うような感じで、早大学院に迎え入れたという経緯があったからだ。だから、その思いも込めて、早稲田実業戦の先発を託したのだった。

 嵯峨君は、昨秋二松学舎大附と延長15回を1失点のみで投げ切ったという実績(試合レポート)もある投手なのだが、いくらか意識のし過ぎもあって、やや気負いというか力みがあったことは否めなかった。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!