日大三圧勝も、残る課題

6回を投げて1安打の小谷野楽夕(日大三)

 この大会、猛打で勝ち続け、注目を集めてきた聖パウロ学園が、強豪の日大三に挑んだ一戦。しかし、聖パウロ学園の勝俣秀仁監督が、「試合前の雰囲気が違いました」というように、日大三に飲まれた感がある。

 日大三の先発は、2回戦(試合レポート)に続いて背番号10の小谷野 楽夕
小谷野の力のあるストレートや、キレのいい変化球に聖パウロ学園の強力打線も、なかなか手が出ない。

 打者一巡目は全て凡退。2巡目も2番までは凡退の後、3番は今大会本塁打3本にサイクル安打と、大当たりの菅野 岳史。菅野はチーム初出塁となる左前安打を放った。しかし、後が続かない。小谷野は6回を投げて、出した走者は、菅野の左前安打だけであった。

 日大三の小倉全由監督が、「小谷野がよく投げた」と言えば、聖パウロ学園の勝俣監督は、「甘いボールが来ませんでした。今までのピッチャーとはレベルが違う」と、語った。

 日大三は攻撃面では初回、1番下小牧 淳也の中前安打、2番田中達朗の犠打、3番田村 孝之介の左前安打で一死一、三塁とし、田村が二盗をする間に、三塁走者の下小牧が生還して1点。形としては重盗ということになるが、「あれはエンドラン。それがボールだったので」と小倉監督は語る。

 3回には一塁に四球の田村を置いて、4番坂倉 将吾のセンターオーバーの二塁打で1点。7番五十嵐光の中前安打で坂倉も還り、この回2点目。5回、6回と田村の連続二塁打があり、2点ずつ入れ、6回を終わって7-0。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!