左右の好投手の投げ合いは佼成学園が制す

安定感を示した佼成学園・小玉 和樹君

 試合前から、投手戦になるであろうことは予想されていたが、八王子は左腕横森 拓也君、佼成学園は右の小玉 和樹君と両投手が期待通りによく投げて、好投手戦を展開していった。

 テンポのいい投げ合いとなって、5回まで時間にして約50分で、佼成学園は橋本君の内野安打1本のみ。八王子は安打こそ4本あって3回に喜多君の安打で先制点かと思われたものの、剣持君の好返球で本塁アウトとなっていた。

 こうして、前半はほとんど膠着状態のまま、お互いに無得点のままスピーディーに流れていった。試合が動いたのは後半になってからだった。

 6回、佼成学園は一死から9番田窪君がよく球を見極めて、初の四球で出ると1番の森口君も三遊間を破って一三塁とし、盗塁もあって二死二三塁となった。ここで横森君のスライダーはキレがよすぎたのかホームベースのところでショートバウンドして後逸となり、三走が生還。佼成学園は初めてのチャンスらしいチャンス、幸運な形で先制点が入った。

 これで勢いづいた佼成学園は、7回にも先頭の4番橋本君が左越二塁打すると二死後に剣持君が死球となり一三塁。ここで8番に入っている小玉君が左中間を破って2者を迎え入れる二塁打を放った。昨秋は4番を打っていたくらいだから、元々打撃もいい小玉君だが、彼を下位に置けるようになったというところに、打線も秋よりも層が厚くなってということが言えるのだろう。

 佼成学園は9回にも二死から失策絡みで掴んだ好機に7番剣持君が中前へダメ押しともいえるタイムリー打を放って4対0となった。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!