タイブレークで3点追加!底力を見せた帝京が4回戦へ!

先発・福富玲央(國學院久我山)

 帝京vs國學院久我山
両チームは昨年の秋季大会で、今日の第一試合で登場した東海大菅生試合レポート)に敗退しているチーム同士である。東海大菅生にリベンジするまでは負けられない気持ちはあったであろう。

 國學院久我山の先発はエースの植田 雄大(3年)ではなく、背番号10をつけた福富 玲央(3年)。
尾崎 直輝監督に先発に抜擢した理由を聞くと、
帝京打線は植田の方がタイミングが合ってしまうと思い、変化球を多く持っている福富にしました」
福富は尾崎監督の言葉通り、変化球主体の投球で強打の帝京打線を翻弄することができた。

 1対1で迎えた5回表。國學院久我山はこの回途中から福富に代えて、右翼手で出場していた植田がマウンドへ。帝京も5回裏途中から先発の伊藤 靖晃(3年)に代えて、背番号1番をつけた稲毛田 渉(3年)が登場。
両校、投手戦になることを予想してか、早い段階でエースを投入した。

 8回表の帝京の攻撃。無死満塁のチャンスを作り、8番・栗田 真(3年)、9番・稲毛田が連続で犠牲フライを打ち上げ追加点を挙げる。続く二死二塁から1番・川本 賢将(3年)が適時打を放ち、この回3得点目。國學院久我山にとって厳しい展開になったかと思われた。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!