タイブレークで決着!東海大菅生が4回戦へ!

先制本塁打を放った毛利乾太郎(都立城東)

 春季大会シード校が登場する3回戦。神宮第二球場での第一試合は、東海大菅生vs都立城東

 東海大菅生昨秋の優勝校で、先日は選抜甲子園にも出場し、今大会も優勝候補筆頭。
対する都立城東は1回戦から登場し、2勝して3回戦を迎えた。
試合前から強い雨が降り続いており、グラウンドコンディションは良くない状態で試合が始まった。

 東海大菅生の先発投手は、プロ注目である勝俣 翔貴(3年)ではなく、甲子園でも投げた17番・羽生 優太(3年)が先発。勝俣は一塁手での出場だ。
羽生は立ち上がりから制球が高めに抜けてしまっていた。2回表には都立城東の7番・毛利乾太郎(3年)に、打った瞬間わかるソロ本塁打を浴びてしまい、都立城東に先制を許してしまった。
しかし、東海大菅生も、2回裏の攻撃で7番・本橋 実生(2年)が一死三塁から犠牲フライを打ち上げ、すぐさま同点に追いつき1対1とする。

 4回裏、東海大菅生の攻撃。都立城東は好投していた先発の石田翔太(2年)に代えて、右下手投げの渡邊健太(3年)にスイッチ。
都立城東・平岩 了監督も、「試合前から決めていました」と言うように渡邊も期待に応えて、この回をしっかり抑えた。

 同点で迎えた6回裏の東海大菅生の攻撃は、3番の好打者・勝俣 翔貴から。勝俣は四球を選び、4番・江藤 勇治(3年)の右翼線タイムリー三塁打で1点追加。続く一死三塁から5番・伊藤 壮汰(2年)が犠牲フライを打ち上げ、さらに追加点を挙げ、3対1とする。
都立城東の渡邊からなかなか打てなかっただけに、貴重な2点の追加点だ。

 7回には両校1点を加えて4対2と東海大菅生リードで迎えた8回表の都立城東の攻撃。
東海大菅生は前の回から山口 淳久(3年)投手に代わった。山口は3番・内藤健(3年)から3連続で四球を出してしまった。満塁のピンチになってしまったところで、一塁手でスタメン出場していた勝俣がリリーフでマウンドへ登った。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!