中尾の2試合連続本塁打で国士舘が快勝

2試合連続本塁打を放った国士舘4番・中尾 将

 小雨が降り始め、4月にしては肌寒く感じる中、試合は始まった。

 エース百瀬 永遠、主砲中尾 将が中心となる国士舘と都立としてここまで勝ち上がってきた都立広尾の対戦。
試合は、国士舘が一方的に攻める展開となった。

 まずは3回裏の国士舘の攻撃。
2番松本 幸洋が四球で出塁すると、3番竹内 亮太の右安打で一死一、二塁のチャンスを作る。続く、4番中尾に期待がかかるが、力みすぎたのか飛球に終わる。しかし、5番杉岡 拓の内野安打の間に松本が生還。さらに、6番大平 海靖の左適時打、7番忰田 健太の適時二塁打でさらに3点を追加し、この回4得点に成功。4対0と国士舘がリードする展開となった。

 続く、4回裏にも、3番竹内 亮太の右適時三塁打で1点を追加し、5対0とリードを5点に広げた国士舘

 そして、迎えた6回裏。
まずは1番長沢 燎が左安打で出塁。2番松本 幸洋が四球を選び、二死一、二塁となったところで打席にはここまで無安打の4番中尾。
試合後に「ここで4番が打たないといけない、と思って打席に入りました」と語るように、打席に立つ姿からは強い気迫が感じられた。

 投じられた二球目の甘い球を逃さずフルスイングし、「打った瞬間に入ったと思いました」と語る打球は、余裕をもって左柵を越えていった。先日の2回戦(試合レポート)でもランニングホームランを放っている主砲は、今大会2本目、2試合連続で本塁打を放ち、試合を決定付けた。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!