打ち勝つチームを目指して7回に5得点!明大明治が快勝!

好投した清水祐希投手(明大明治)

 昨秋ベスト16の明大明治は春季大会初戦となる2回戦でと対戦した。
はブロック予選で明大中野八王子をタイブレークの末に下すと、都大会1回戦でも都立の強豪・都立文京を下し、ここまで勝ち上がってきた。

 試合は1回裏、明大明治は一死満塁から6番荒井航大(3年)の押し出し死球で1点を先制する。4回裏、さらに2番大島和久(3年)の右前適時打で1点を追加する。2対0へ。

 7回表、二死一塁から7番福田 雄大(3年)の適時二塁打で1点を返す。その後、代打の佐藤 慶佑(3年)が適時打を放ったが、ライトの好返球でタッチアウト。この時、二塁走者のスタートがやや遅れていたのが痛かった。

そして7回裏、明大明治が4番上沼泰雅(3年)が左中間を破る二塁打を放つと、
5番荒井は敵失を誘うあたりで、二塁走者が生還。その後も打線はつながり、一死満塁から1番堤大祐(2年)が右前適時打、2番大島の適時打、3番遠藤晴(3年)の適時打で一気に5点を追加する。

 この5点が試合を決めたといっていい。投げてはエースの清水 祐希が好投。180センチ71キロと恵まれた体格から振りおろす角度ある直球とカーブが武器。その清水だが、大会前にケガをしていて、復帰したのが大会直前。ぶっつけ本番での登板となった。本人曰く今日のカーブは、曲がり切っていないようだが、それでも打線を要所要所で、抑えて8回1失点。最後は小堺優(3年)が締めて初戦突破を果たした。

 勝利した明大明治の寺土 博昭監督は、「秋から打ち勝つチームをテーマにやってきました。なかなか実現しませんでしたが、ようやくそれができた試合だと思います」と手応えを口にした。次の試合へ向けてエースの清水は、「今日出来なかった変化球のコントロールをテーマにやっていきたいと思います」と変化球の精度を課題に挙げていた。

 敗れたの田中央監督は「なかなかうちに流れをもっていくことができませんでした。今日は清水君が粘り強く投げていて、打ち崩すことができなかった。うちは悪い部分がすべて出ました。完敗です」と振り返った。はベンチ入り17人中、13人が試合出場。まさにやりくりをしながら試合だったが、夏へ向けて、全選手を鍛え上げ、更なる高みを目指す。

(文=河嶋 宗一

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!