10安打、10盗塁!創価が錦城を降し初戦突破!

完投した網野投手(創価)

 両校のスターティングオーダーを見ると2ケタの背番号を付けた選手が多く出場しており、まだまだ調整段階でありつつ調子が上がっている選手を使っている状態なのかと感じたこの試合。創価vs錦城。両校共に西東京に属するチームだ。

 錦城の先発は背番号1を付けた安瀬 篤志(3年)。
右下手投げの投手でタイミングが非常に取りづらく、時折ソフトボールの投手を思わせるかのような下投げのスローボールを投げ、相手打者を翻弄する投球をして見せる。

 試合は2回表、錦城が3本の安打で1点を先制した。
2回裏、創価の攻撃は4番・谷井 怜央(2年)から。左前安打で出塁し盗塁を成功させて無死二塁とすると、今度は三盗を試みた。これが相手の悪送球を誘い1対1とすかさず同点に追いつく。
続く二死から7番・徳本 圭佑(2年)が四球を選ぶ。8番・八柄 航大(2年)の打順で徳本が初球に盗塁を仕掛け成功。ここで、八柄が安打を放ち2対1と逆転。

 創価は3回裏にも1点を加え3対1で中盤を迎える。
6回表、錦城の攻撃は一死から5番・先発投手でもある安瀬が内野安打を放ち出塁。
二死になるも、続く7番・大槻 廉(3年)が二塁打を放ち、2対3と1点差まで詰め寄った。

 7回裏、創価の攻撃はこの回、4安打、5盗塁を絡めてダメ押しとなる4点を追加。7対2とする。
創価・先発右腕の網野 輝(3年)は右横手から直球をコーナーに投げ分けて、肩口から真ん中と、真ん中からボールになるスライダーを投げ分ける投球で相手打者を翻弄。

 創価高校・片桐 哲郎監督も、
「2人の投手に準備させてはいましたが網野がゲームを作ってくれました」
その言葉通り、網野は安打こそ打たれつつも大量得点を許さない投球で2失点にまとめてゲームを作った。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!