都立保谷が本城、浦川のリレーで粘る海城を振り切る!

試合を作った本城投手(都立保谷)

 立川市立川公園野球場での第二試合。都立保谷vs海城
都立保谷は改修工事のため、昨シーズンも含めてグラウンドで練習ができない期間が長かった。
そのハンデもあってか都立保谷は昨年東京都秋季大会初戦で1点も取れず負けている。
チームの中心であるエースの浦川 将右衛門(3年)は、
「守備練習はほとんどできていませんがこの大会はチームで打ち勝つということをテーマにおいてやってきました」
その言葉通りの展開で都立保谷がこの試合、接戦をモノにした。

 1回表、都立保谷は安打・四球を絡めて二死一、三塁から5番・佐藤 遼河(3年)が右中間へ三塁打を放ち、2点を先制。さらに6番・中川 泰介(3年)の適時打で1点を追加。都立保谷が初回に3点を入れた。

 反撃したい海城は1回裏、一死満塁から5番・遠藤 大地(3年)が犠牲フライを外野に打ち上げ三塁走者が生還。後続は続かなかったが1対3とする。
3回裏にも安打、盗塁を絡めて1点を追加し、2対3と追い上げる。

 引き離したい都立保谷は4回表に一死満塁から9番・竹中 裕輝(3年)がスクイズを決めて4対2。
5回表の攻撃もこの回、2安打、2盗塁と足を絡めて2点を追加。6対2とする。

 7回裏、海城の攻撃は無死二、三塁から、2番・関口 紘平(3年)の適時打。
続く3番・安部 裕貴(3年)が外野へ犠牲フライを打ち追加点をあげ、4対6と海城打線が引き離そうとする都立保谷を逃がさない。

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!