東海大高輪台、救援徳重の投打の活躍で逆転勝利

好投した二番手・徳重勇輔(東海大高輪台)

 東海大高輪台はこの2週間ほどの間に、攻守の中心選手である堀田 祐樹が大腿骨を骨折して入院しているのをはじめ、ベンチ入りの20人のうち4人が骨折するという、非常事態であった。
それでも、都立片倉矢ケ崎 光東海大高輪台深澤 周平徳重 勇輔という好投手を擁する両チームの対戦は、緊迫した好試合になった。

 試合は都立片倉の矢ケ崎が速球にカーブ、スライダーなどを織り交ぜて好投すれば、東海大高輪台の先発・深澤も、速球にチェンジアップ、スプリットなど落ちる球が効果的に決まり、予想通りの投手戦になった。

 試合が動いたのは、5回表都立片倉の攻撃。この回先頭の6番秋山夢道が右前安打で出塁したものの、後続が倒れ二死。チャンスはついえたかにみえたが、9番鈴木義浩が頭に当たる死球で出塁する(臨時代走)。変化球で球威はなかったので、問題はなかったが、試合に微妙な間が生じた。

 続く1番川西成実も四球で満塁。2番小谷野龍の投手の足元を抜く中前安打で2人が還り、都立片倉が2点を先制した。

 ところがその裏、矢ケ崎の様子がどうもおかしい。四球2に犠打、捕逸などで一死一、三塁のピンチを迎える。そこで都立片倉は、矢ケ崎に代えて松尾啓斗が登板した。実はこの時、矢ケ崎は足がつって、投げられなくなっていた。

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!