都立日野が好投手2人を攻略!コールドで初戦突破!

最速140キロを計測した吉村(日大豊山)

 これが好投手の攻略法なのかというべき試合を見せてくれた。1回戦の中でも好カードと呼ばれる両者の一戦。日大豊山吉村 貢司郎(3年)、大浜 永遠(3年)という2人の好投手がいる。打線に力のある都立日野がどう対応するかが試合のポイントとなっていた。

 先発は大浜だった。大浜は右腕から投じる直球は常時130キロ前後。内外角のコントロールが抜群で、カーブ、スライダー、チェンジアップもしっかりと両サイドに投げ分けられる好投手。都立日野の嶋田監督も「コントロールが素晴らしい投手で、なかなか打ち崩せないと思った」と語れば、5番杉浦 太一(3年)も「コントロールが本当に良かったです。内角への直球がすごかった」とコメントするように、コーナーワークで勝負する投手である。

 また都立日野の先発・青山祐希(3年)は「立ち上がりはかなり緊張した」と語るように、やや高めに浮くことが多かった。二死一、二塁とピンチを迎え、5番山下陽(3年)が捉えた打球はセンター前へふらふらと打ちあがる当たり。これをセンター根岸優太(2年)がスライディングキャッチで先制を阻止。都立日野ナインが「最も大きかったプレー」と評するように、これにより都立日野に流れが傾くことになる。

 2回表、二死二塁から敵失で1点を先制する。さらに3回表には二死満塁から5番杉浦の適時打で1点を追加し、5回表にも杉浦の適時打で1点を追加し、3対0とリード。日大豊山の先発・大浜を攻略し、前半まで3点のリード。都立日野の安打を見るとしっかりと捉えた鋭い打球というよりも、詰まりながらも、持っていった形が多かった。

 嶋田監督は「詰まる打球が多く、うちらしい当たりは少なかった」と語るが、詰まりながらも安打にすることは都立日野が大切にしていることである。適時打を2本語った杉浦は、「最後までしっかりと振り切ることを大切にしています。そういう意識で普段から打撃練習すると、詰まってでも安打になることが多いんです」
 打撃は自分が打ちたい形、タイミングで打てることは滅多に少ない。崩されたり、タイミングが合わなかったりすることが多々ある。その中でもいかに自分のスイングをしてボールを捉えることができるか。都立日野は詰まらせてでも安打にする術を持っていたのだ。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!