代打・谷口が走者一掃三塁打で都立紅葉川が桜美林を破る!

決勝となる適時三塁打を放った谷口(紅葉川)

 ブロック予選では、強打で勝ち上がってきた都立紅葉川。この日は強豪・桜美林と対戦。試合は1点を争う好勝負となった。
1回表、都立紅葉川は1番本間が右中間を破る三塁打を放ち、一死三塁から4番増子の適時打で1点を先制。
だが4回裏、桜美林は石井翔太郎(3年)が二塁打を放つと、3番増渕(3年)の適時三塁打で1対1の同点に追いつく。
そして6回表、一死満塁のチャンスで都立紅葉川は代打・谷口湧一(3年)を送った。谷口を起用した理由として田河監督は、
「ブロック予選でも満塁で走者一掃となる二塁打を放っていたのを思い出して、急きょ、一塁コーチャーにいた谷口を呼び出したんですよ」
その谷口は「何も準備できていなくて驚きでした」と入った谷口は、初球から思い切り振っていくことを考えて打席に入った。右中間を破る三塁打を放ち、4対1と勝ち越しに成功する。そして投げてはエースの高藤 竣太(3年)が好投。
 冬から急成長した投手で、田河監督も大きく信頼している。そんな高藤に対し、
「お前は絶好調だから、最後の3~4回を任せるぞ」と伝えた。6回裏から登板した高藤は右スリークォーター気味から125キロ前後の直球、カットボールを低めに投げ分け、7回裏に1失点するが、その後もゴロを打たせ、桜美林を破った。
 田河監督は、「我々にとって名のある強豪校に勝つことが一つの目標だったので、その壁を破ってくれた彼らに感謝しています」とコメント。打撃だけではなく、守備も粘り強さが目立った都立紅葉川。次は都立総合工科と対決する。
「いつも練習試合をやっているチームでね。お互いを知り尽くしているだけに楽しみです」
都立の実力校同士の一戦だけに熱い試合になりそうだ。

 敗れた桜美林だが、2番手の本格派右腕・北村 祐心(2年)の投球が光った。コンパクトなテークバックから振りおろす常時130キロ~130キロ中盤(最速135キロ)の速球に加え、落ちる変化球をコンビネーションに都立紅葉川打線をピシャリを抑える投球だった。さらにコントロールが高まり、スピードも体力強化で、常時135キロ~140キロまで速くなる可能性も十分に秘めており、1年後には東京都でも好投手と注目されるものを持っている。

(文=河嶋 宗一

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。