聖パウロ学園・菅野岳史がサイクル安打を達成!12得点で快勝!

サイクル安打を放った菅野岳史(聖パウロ学園)

 昨秋、上野学園1対5で敗れた聖パウロ学園。勝俣監督が課題に挙げたのは打撃だった。根本となる打撃強化へ、この冬は徹底的に振りこんで、本大会に臨んだ。その成果を初戦で発揮した。

1回表、一死二塁から3番菅野 岳史(かんの・たけし・2年)がイレギュラーを誘う中前適時打を放ち、1点を先制する。さらに二死二塁から5番小川聡志(3年)が左中間を破る適時二塁打を放ち、2点目。1回裏、東農大一は4番福崎信太(2年)の適時二塁打で1点を返すが、5回表、聖パウロ学園は3番菅野がレフトへ特大となる2ラン本塁打を放ち、2点を追加し、4対1と点差を広げる。菅野は第4打席では左越え二塁打を放ち、ここまで4打数3安打と大活躍。残りは三塁打と、サイクル安打にリーチをかけていた。

 聖パウロ学園は8回表、一死二塁から7番峰岸佑樹(3年)が右中間を破る適時打を放ち、5対1と大きな追加点を加え、そして9回表、無死二、三塁で菅野に打席に回ってきた。菅野は「抜ければ三塁打を狙うつもりでいました」と心に決めた打席は、左中間を破る当たり。菅野は全速力で駆け抜け、一気に三塁へ。懸命なスライディングで滑り込み、三塁打となった。狙い通りのサイクル安打に喜びを見せた菅野。その後、打線はつながり、7得点を入れる猛攻で、12対1で東農大一に圧勝した。

 菅野は昨秋は6番だったが、この冬、急成長を見せて勝ち取った3番の座。
 勝俣監督は「彼の良さである思い切りの良さが出てくれたかなと思っています」と振り返った。また12得点取った打線に対しては、「まだこれからだと思いますが、しっかりとバットが振れていましたし、冬の成果が出ていました」と評価していた。

 サイクル安打を放った菅野だが、八王子シニア時代は、控えの捕手で、レギュラーではなかった。そんな選手が1年かけて強打の捕手へ成長するのだから、面白い。

(文=河嶋 宗一

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。