金井の満塁弾、総合工科6回コールドの大勝

力投した都立総合工科・平井

 終わってみれば16-2の6回コールド。
スコアの上では、都立総合工科の完勝であるが、都立総合工科の有馬信夫監督は、「お先真っ暗」と、手厳しい。対する都立久留米西の益子久監督は、残念さは滲ませながらも、「ワンサイドの試合にはなりましたが、思っていたよりは打てました」と、語った。

 この両校、3月8日に練習試合をしている。その時は、エラーの走者が1人出ただけで、エースの平井 成幸に完璧に抑えられ、7-0で都立総合工科が圧勝している。
球速がおそらく140キロを超えている都立総合工科の平井を攻略するのは、容易ではない。

 1回裏都立久留米西は、三振2の三者凡退。2回表都立総合工科は、二塁打の7番新井俊樹が犠打と暴投で還り、すんなり先制し、完全に都立総合工科ペースと思われた。

 しかしその裏、都立久留米西は二塁打の5番福山和真を、7番大塚駿太が還して同点に追いついた。

 それでも、3回表都立総合工科はエースで5番の平井の二塁打で1点を勝ち越し、さらに2四死球などで迎えた二死満塁のチャンスで打順8番と下位ながら、パワーのある金井香平がレフトフェンス越えの満塁本塁打を放ち、都立総合工科は、この回5点を入れた。

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!