都立広尾がバントなしの打撃で逆転勝利!!

4番野口大護(都立町田)

 都立広尾vs都立町田の都立校同士の対戦。試合は初回から動く展開へ。
 1回表、都立町田は1番西田太郎(3年)の四球、2番高岸稔(3年)、3番高澤政幸(2年)は失策で無死満塁のチャンスを作る。無死満塁から4番野口大護(2年)の適時打、5番黒田知也(3年)の適時打で、いきなり2点を先制すると、さらに一死満塁から7番向井健祐(3年)の適時打で3点を先制する。さらに3回表にも二死二塁から7番向井に適時打を打たれ、0対4の4点ビハインド。

3回裏、一死一塁から3番杉田優武(3年)の中越え適時二塁打に1点を返すが、4回表に高澤の適時打で1点を追加され、1対5と試合序盤は防戦一方だった都立広尾
率いる平原敬大監督も、「最初の3点はかなりまずい流れだなと感じました」と振り返るように苦しい立ち上がりであった。
 だが4回裏、二死一、三塁から2番武井大樹(3年)の左越え適時三塁打で、2点を返し、3対5に。この2点で、都立広尾ナイン全体が「逆転できる!」と直感したようだ。

  そして6回裏、一死一、三塁から2番武井の適時打で1点を返すと、そして3番杉田の右越え適時二塁打で、逆転に成功。さらに4番清水亮(3年)の左前適時打で勝ち越しに成功する。

 7回表、都立町田の4番・野口が左越え本塁打を放ち、1点差に迫られるが、その後、都立広尾のエース・高橋京平(3年)が懸命に1点差を守りきり、苦しみながら初戦突破を果たした。 

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!