都立上水、創部初の本大会一勝!

完投した堀内(都立上水)

 都立上水を率いた朝倉 義明監督が昨日を以って人事異動に伴いチームを離れることになり田中行康助監督で迎える創部初の本大会初戦となった。
試合は大黒柱でもある右腕・堀内 秀寿(3年)が守備にも助けられ完投勝利、強打の桐朋を3対2で都立上水が破り部員全員で掴んだ初の一勝を振り返る。

 試合は1対1の同点で迎えた6回表、桐朋の攻撃。二死一、三塁で迎えるは8番・小川 祥汰(3年)が右前安打を放ち、三塁走者が生還。2対1と勝ち越した。
6回裏、都立上水の攻撃を迎える。桐朋は5回より好投していた先発右腕の仲二見 篤(3年)に代えて右腕・中原 愉人(3年)にスイッチした。
都立上水の攻撃は3番・戸口 一瑳(2年)が中前安打を放ち出塁。続く4番・鈴木 皓太(3年)が三ゴロを放ち桐朋の守備陣は併殺を狙いにいくも二塁のみアウトになり一死一塁。5番・中谷 晃(3年)が犠打を決め二死二塁とすると、迎えるは力投している6番・堀内 秀寿(3年)。当たり損ねながらも左前に安打を放ち二塁走者の鈴木が生還。2対2と同点に追いついた。

 都立上水・堀内は
「自分の得意球はカーブ、桐朋はストレートに強いと思ったので変化球中心で組み立てました」と言葉通り、桐朋打線を翻弄し的を絞らせない投球をしてみせた。

 7回裏、都立上水の攻撃。先頭打者の8番・出口 泰河(2年)が四球を選び出塁、一死から1番・若井 直樹(3年)が三塁側に犠打を決めて二死二塁で迎えるは2番・岡澤 健太(3年)。強いスイングから左中間へ二塁打を放ち3対2と逆転。都立上水は創部初の一勝へ大きく前進した。
8回表、桐朋の攻撃で出塁するも都立上水が好守を見せて無得点に抑えた、ここで勝負あり。
力投している都立上水・堀内は9回表、桐朋の攻撃で出塁を許すもしっかり抑えて3対2。都立上水が部員全員で掴んだ一勝だった。

 都立上水の歴史を塗り替えた田中 行康助監督は「完投した堀内に尽きます、スタミナがある子なので心配していませんでした。打線は真っ直ぐを狙うように指示しました」
完投した都立上水・堀内 秀寿は、「前監督より一勝したら歴史が変わると言われていたので素直に嬉しい。打線、守備ともに助けられた、投球でもテンポよく投げることができました。この流れに乘って次も頑張ります!」と話してくれた。

 勢いある都立上水は4月3日、都立江戸川との対戦が決まった。

(文=高校野球ドットコム編集部)

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。