いきなりの強豪校対決は、東亜学園が序盤のリードをキープして逃げ切る

東亜学園・松本君

 1回戦屈指と言ってもいい、いきなり強豪校同士の対決となった。好試合が期待されたが、思わぬ形の初回の攻防で明暗が分かれてしまった。

 初回、日大鶴ヶ丘は先頭の井上君がフルカウントから右線へ二塁打すると、すぐにバントで一死三塁とする。続く山岸君が中前打して、まずは日大鶴ヶ丘がいい形で先制した。しかし、続く西田君の一打はいい当たりだったものの、それが災いしたのか5~4~3の併殺打となってしまった。これで、東亜学園の松本君は、日大鶴ヶ丘の勢いを止めて、流れを切ることが出来た。

 その裏の東亜学園は、1番の合田君が四球で出るとバントで進め、乗松君が右線へ二塁打してすぐに同点とした。これに動揺したのか、日大鶴ヶ丘の岩田君は野瀬君にストレートの四球となり、一死一二塁。5番木下君が中前打してこれで逆転。なおも、四球などもあって二死満塁となったところで8番松村君が三塁線を破る二塁打を放ち2者が帰ってこの回4点のビッグイニングとなった。

 日大鶴ヶ丘の先発岩田君は、1回をもたずにマウンドを降りることになった。
2回にも、東亜学園は2人目の左腕小林君に対しても二死走者なしから乗松君と野瀬君の連打に失策も絡んで1点を追加。3回にも、一死二塁から松村君が右前タイムリー打、さらに合田君も右翼へ二塁打して2点を追加して、3回までで7対1と思わぬ展開になってしまった。

 日大鶴ヶ丘の萩生田博美監督は試合前に、「コールド勝ちもあるかもしれませんが、コールド負けもあるかもしれません。そんな感じのチームです」と言っていたが、まさにその、負の方の目が出かかった試合展開になってしまった。

「立ち上がりがすんなりいけば、あとはスイスイいけるのですけれども、すんなりといかないで心配していたことが出てしまいました。乗っていけば、思わぬ力を発揮するところもあるのですけれどもね」と、心配していた岩田君の立ち上がりが、初回先制したのだけれども、その裏に3四球などで4点を失ってしまった。結局、岩田君は1回持たずに打者8人でマウンドを降りることになってしまったのだ。

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!