東京4回の猛攻で打撃戦を制す

中前安打を放った若井晃輔(東京)

 昨夏ベスト8(試合レポート)に入り旋風を起こした東京と、昨夏は初戦敗退(試合レポート)ながらもシード校であった駿台学園
冬の間実戦から遠ざかっていた両チームにとって、いきなり強豪との対決は、負担であったことは確かだ。9対8という大量点の入った試合にも、東京の松下浩志監督は、「予定通りの展開です」と苦笑いすれば、この春に監督に就任したばかりである駿台学園の川口将司監督は「硬くなってしまった」と、思うようにいかない展開に、悔しさをにじませた。

 大量点の入った試合は、一つ一つのプレーが雑になりやすい。しかし丁寧に行って、取るべき時にしっかり点を取りに行くことが、試合の明暗を分けることがある。

 この試合、1回表をあっさり三者凡退で切り抜けた駿台学園はその裏、1番の堤涼太が右翼手の失策で、一気に二塁へ進んだ。一死後、3番熊澤の左前安打を、相手の左翼手が取り損なう間に、堤が生還し、駿台学園が先取点を挙げた。しかし熊澤も、続いて四球で出た4番中山も、牽制などの走塁ミスで刺され、追加点を奪えなかった。投球が不安定だった先発・高橋を打ち崩せず、守りが落ち着いていなかった東京相手に、1点止まりだったことが、後になって響いた。

 2回表東京は、2つの四球と、7番初見の遊撃手と中堅手と左翼手の間に落ちるポテンヒットで一死満塁のチャンス。そこで8番小堺友介への初球を、駿台学園の堀越が捕逸をして、同点。さらに小堺が左中間への二塁打を放って、東京が一気に逆転した。

 それでも、駿台学園はその裏、堀越の犠飛や、堤の三塁打などで3点を入れて、再び逆転に成功した。
3回表から、駿台学園は先発の浜野 航平に代わり、左腕の古地亮太を投入した。浜野も古地も昨夏の東東京大会で投げているが、古地の投球も不安定だった。3回は2四球を出しながらも無失点に抑えたものの、4回大きなピンチを迎える。

 不運な内野安打が2本と、死球による一死満塁のピンチで、打席には1番の笠木。笠木はレフトオーバーの二塁打を放ち、2者が生還して、東京がまたも逆転する。東京の松下監督は、「あの一打が大きかったです」と語るように、試合の流れを決定づける二塁打であった。さらに2番駒形の犠飛、3番若井晃輔の中前安打でそれぞれ1点を追加。加えて、その後3者連続四死球による押し出しで、1点を追加して、この回5点を入れた。

 それでも駿台学園はその裏、8番堀越の三塁打や2回途中からリリーフした吉田陸の暴投などで2点を返した。
けれども東京は5回表、中前安打の初見を、犠打と暴投で三塁に進め、前の回に二塁打を放っている笠木が、今度はスクイズを決め、突き放した。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!