スコアに反映されなかった忍耐の跡

 2009年大会以来の再戦となった両校の対戦は、地力に優る足立学園が押し切る形で勝利。
4年連続4回戦の壁に阻まれているその先を見据え、まずは初戦を勝ち上がった。
都立産技高専の初戦突破はまたもおあずけという形になってしまった。

 結果だけみれば大差の試合。
しかし、8回までは4対1というスコア。都立産技高専の善戦が光った試合ともいえる。

 善戦の要因は先発のエース・栗本一輝投手(3年)の踏ん張りにあった。

 1回表。足立学園の1番・榎本慶太選手(3年)にいきなり二塁打を打たれ、3番・塚崎智彦選手(3年)の犠牲フライで先制を許す。

 2回表。足立学園の先頭7番・佐藤鴻乃介選手(3年)にヒット&レフトのエラーで3塁まで進まれ、9番・大浜優真選手(3年)の犠牲フライで追加点を許す。

 3回表。足立学園の先頭3番・塚崎選手にレフトオーバーの三塁打を打たれ、続く4番でエースの片倉翔太選手(3年)の犠牲フライで3失点目を喫する。

 いずれも先頭打者を得点圏まで進める苦しい立ち上がり。しかし失点はすべて犠牲フライで、続くピンチにタイムリーを許さず最少失点で切り抜けつづけた。

 最少失点を続けられたのは四球を極力出さなかったことが大きい。
足立学園の強力打線を相手にひるまず、6回を投げ切り四球は2。長打を打たれてもフルスイングされても、丁寧にストライクを投げ続けた。

 カウントが悪くなり、足立学園のバッターにバントの構えなどで揺さぶられても動じない。
5回表にはワイルドピッチで痛い4点目を失ったが、大崩れには至らない。派手な投球スタイルではないものの、忍耐強く投げ続けたことで大量失点を許さなかった。