「流れ」無視の骨太第1シード

 今大会の第1シード校・日大鶴ヶ丘が初登場。1回戦から勝ち上がってきた日大二の挑戦を退け、難しい初戦を突破した。

 試合には「流れ」というものがあるが、この試合ではどっちつかずの展開が続いた。どこか類似性を感じる序盤3回までの攻撃を両校ごとに見てみる。

 日大鶴ヶ丘
1回。先頭の樋田 翔平選手(3年)がセンターオーバー三塁打。1アウト後3番・山岸 哲也選手(2年)のセカンドゴロの間に生還し先制する。
2回。先頭の栗田 優一選手(3年)がヒットで出塁。さらに四球と死球で2アウト満塁のチャンスを作るも追加点ならず。
3回。9球で三者凡退。

 日大二
1回。先頭の坂本 有輝選手(3年)が死球で出塁。しかし送りバントができず、その後盗塁で得点圏にランナーを進めるも得点ならず。
2回。先頭の5番・横川隆之佑選手(3年)がエラーで出塁。しかし続くバッターがダブルプレーでチャンスを広げられず。
3回。7球で三者凡退。

 1、2回とも先頭打者を出したところは両チーム共通するところ。日大鶴ヶ丘は先制したものの、2回のチャンスはいかせず。
一方、日大二は1、2回とも先頭打者出塁を相手からもらった形になった。しかし自らのミスもありつけこめず。ならば、と3回表は三者凡退に抑えリズムを作ったかに見えたが、その裏の攻撃でおつきあいするかのように三者凡退してしまった。

 両チームとも、ピンチを抑える一方でチャンスをいかしきれない。相手から流れをもらえるようで自分たちでお返ししてしまう。