初戦、まず問われるのは“平常心”

 3年生にとって最後の夏、その代のチームにとって集大成の夏。当然全力プレーを誓う。完全燃焼を志す。否が応にも気合が入る。だが、いい意味でポジティブなはずの精神状態が、初戦の入り方を難しくする側面もある。

 どんな強豪校であろうと初戦の戦い方は難しいという。その難しさとは、「いつも通りの自分たちに、いつなれるのか」というところにあるのではないか。特に100%緊張して入る初戦は、いち早く平常心を持てたチームにゲームの流れが大きく傾く。
条件は相手も同じ、というところがまた影響を大きくする。相手より早く平常心を持てたチームは、まず自分たちのリズムで落ち着き→相手のミスにも助けられ→よりリズムに乗っていく、という好循環になる。

 一方、平常心を取り戻し遅れたチームは、ちぐはぐな自分たちでリズムを崩し→相手に押し込まれ→より苦しい状況に陥る、という悪循環になる。

 何か決定的な手を打たない限り、両者の差は試合中どんどん広がっていく。

 スコアを見れば分かる通り、この試合で先に平常心を得たのは桐朋だった。1回表、中大附の先発・辻川隼土投手(3年)の制球が定まらないところにヒット2本を絡め2点を先制する。先制点がチームに与える安心感は大きい。

 一方中大附は初回、2番打者・相田雄太選手(3年)がライト線にヒットを打つも後続が倒れ得点はならず。出鼻をくじかれた初回の失点に加え無得点だったことで、緊張からくるメンタルの修正に時間を要した。
この「出遅れ」が2回表の結果に出る。先頭の桐朋9番打者・森永健太郎選手(3年)にセーフティバントを決められると、続く1番・山田祐太朗選手(3年)、2番・鈴木雅功選手(2年)の送りバントを連続してアウトにできず満塁にしてしまい、結果押し出しで追加点を許す。さらに0-5となった後、1アウト2,3塁の場面。6番・島田聖選手(3年)のピッチャーゴロでサードランナーを三本間で挟むがアウトを取れず満塁にしてしまう。直後の7番・埜村亮選手(3年)のセカンドゴロはホームフォースプレーでよかったはずが、キャッチャーがタッチにいってしまい、ボールをこぼした。結果、打者10人で5点を挙げた桐朋がイッキに試合を引き寄せた。
この5失点……送りバント処理と狭殺プレーにフォースプレーの場面は、いつも通りならアウトにできる確率の方が高いプレーだったはずだ。なのに、大事な試合の大事な場面で確率の低い方の結果を招いてしまった。これが初戦の怖さだ。中大附は3回から登板した2番手の関孝英投手(3年)が、落ち着いた投球で桐朋打線を抑えただけに2回の守備が悔やまれる。