明大中野八王子、普段のペースで、足立西をコールドで下す!

 

好投を見せた坪井(明大中野八王子)

 明大中野八王子が試合序盤に主導権を握り、コールド勝ちを決めた。明大中野八王子の先発は坪井 将希(3年)、都立足立西は先発・小畑 秀平(3年)と好投手同士の対決となった。

 先制したのは明大中野八王子。1回裏、一死一、三塁から4番坪井の中前適時打、二死となって6番相澤 颯輝(3年)の適時打で2点を先制する。さらに2回裏にも3番奥村 大貴(3年)の中前適時打で2回まで3対0のリード。小畑の速球、変化球にしっかりと対応して着実に点を重ねていた。

ここまでの展開、明大中野八王子にしては理想的な展開だった。
「初戦を経験したのが大きかったですね」
明大中野八王子の石田監督が振り返る初戦とは都立福生戦。7対3で勝利したが、2回裏に7点を入れて、以降は無得点。都立福生の反撃をしのでいてきたゲーム内容だった。力のあるチームとはいえ、やはり初戦は硬くなってしまうもの。影響は確かにあったのだろう。この日は初戦に比べると硬さが取れていた。

 また石田監督はこのチームのスタイルを「しっかりと守ってから攻撃に移るのがうちのスタイル」と説明する。後攻めを取ったことが、明大中野八王子にとって都合がよかった。序盤で先制した後、ベンチの間では「前回の試合よりも楽な展開だよ!」という声が飛んだ。先制点を挙げただけではなく、精神的な優位に立ったことで、明大中野八王子は試合の主導権を握ったといってもいいだろう。

 先発の坪井は前回の試合で130球以上を投げた影響で、今日は8割程度の投球。ストレートは常時130キロ~135キロと本来のスピードではないが、100キロ台のカーブ、120キロ台のスライダーを軸に内外角へ丁寧に投げ分け、ストライク先行で、投球を組み立てていった。