二松学舎大附、我慢の末の逆転で勝利!3回戦へ

 

二番手・岸田康太(二松学舎大附)

 秋季東京都大会は2回戦に突入。上柚木球場では2回戦2試合が行われた。第1試合は、1回戦で日大鶴ヶ丘を破りこのまま勢いに乗りたい二松学舎大附と、打撃としぶとさに定評のある駿台学園の対戦。

 先制したのは駿台学園。2回表、二死一、二塁から1番・齋藤 立樹がライトへ弾き返し1点を先制。さらに、齋藤は二死一、三塁から盗塁を仕掛け、二松学舎大附バッテリーはたまらず二塁へ送球。齋藤は一、二塁間でピタリと足を止め、二松学舎大附内野陣を揺さぶる。このランダンプレーの間に三塁走者の佐山大樹が本塁を落とし、抜け目ない攻撃を見せた駿台学園が2点を先制する。

 さらに4回表、この回先頭の5番・椿 未来也があわやフェンスを越えるかという大きな打球をセンターに飛ばし、三塁打で出塁。追加点のチャンスを作り出す。後続が倒れ二死となるも、8番・佐山 大樹がライトへのタイムリーを放ち、1点を追加。試合のペースを放さない。

  6表回には一死から7番・太田 佑弥がライトへの二塁打を放ち出塁。さらに追加点を奪おうと二松学舎大附に襲い掛かる。ここで、二松学舎大附は投手を先発の大黒 一之から岸田 康太にスイッチ。1年生の岸田は公式戦初登板。試合後に市原勝人監督が「賭けだった」と振り返ったこの交代。8番・佐山には四球を与えるも、後続を三振と内野ゴロに打ち取り、抑えることに成功する。

 この投手交代でまた一つ目覚めたか、二松学舎大附が反撃を開始する。
 6回裏、一死から2番・北本 一樹、3番・竹原 祐太が連打で出塁。二死一、三塁とした後、5番・秦 匠太朗が左中間を破る2点タイムリー二塁打を放ち、1点差に詰め寄る。

 さらに7回裏、今度は二死からまたも北本、竹原が連打で出塁。二死二、三塁から、今度は4番・小峯 瑛輔が左中間に打球を飛ばし、2人の走者は一気に本塁へ。2点を挙げ、4対3と逆転に成功する。

 8回、9回と駿台学園がそれぞれ得点圏に走者を出すも、二松学舎大附守備陣が凌ぎ切り、4対3のまま試合終了。二松学舎大附が底力を見せ、3回戦進出を決めた。